訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

翻訳業務

サイトを英語にしたり、メニューを英語にしたり、翻訳が必要な場面で頼りになる翻訳専門の企業を探しましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

翻訳業務の資料を

無料でダウンロード

翻訳業務の概要

翻訳業務は昔から多くのニーズがあり、インバウンドアウトバウンドにおいて必須の対策といえます。「飲食店」「小売店」「メーカー」「自治体」「交通」「宿泊施設」などあらゆる企業において必要なインバウンド対策です。ホームページ、チラシ、店頭案内など訪日外国人が目にする媒体、店舗内あらゆる箇所で多言語化は必要です。英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語(ハングル)、タイ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、マレーシア語、インドネシア語など様々な言語対策があります。また、翻訳業務には翻訳の形態によって大きく分けて2つの種類があります。クラウドソーシングによる翻訳とスタッフによる翻訳です。前者は安く発注できる分、翻訳者によってスキル、知識に大きな差があるのが特徴で、最近主流の翻訳方法です。後者は高額になる傾向があるものの翻訳意図を反映しやすい特徴があります。

翻訳業務のイメージ

Cb7848e5228bb26c7e91e715de967386bc5f2295

翻訳業務を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

翻訳者のビジネスリテラシー

翻訳業務を選ぶ上でチェックしておくべきことは「対象カテゴリに対する翻訳者の知識の有無」です。法務系の翻訳であれば法務の用語を知っているかと言った翻訳対象のことを知っているかが重要になってきます。また翻訳した文章をどのかたさの文体で書くかも大切です。いろいろな文章の使い方ができることがよい翻訳者を選ぶ要素の一つです。

Point2

翻訳者がネイティブスピーカーかどうか

翻訳業務を行う翻訳者がネイティブスピーカーであるかそうではないのかは非常に重要です。対象の言語を母国語としているネイティブだからこそ、ネイティブに向けてわかりやすく翻訳業務を行う事ができます。翻訳業務をするにしても、一つの事柄に対して複数の言い回しで翻訳業務ができるのもネイティブスピーカーならではの強みだと言うことが出来ます。

Point3

翻訳一文字あたりの単価・料金体系

翻訳業務における翻訳業務の料金体系は一文字あたりの単価で計算されることが多く、料金体系は比較しやすいのが特徴です。翻訳業務のサービスの料金相場は10円前後となっておりますが、翻訳業務を行うのがネイティブスピーカーであるか、そうでないのか、ビジネスリテラシーがあるか、翻訳業務だけでなく関連した内容に知識があるのかどうかによっても翻訳業務の金額は変動してきます。

翻訳業務の一覧

Next white

翻訳業務の
資料を

無料で一括ダウンロード