多言語カスタマーサポート

訪日外国人との電話応対を現在のオペレーターで行うことが難しい場合には、多言語カスタマーサポートの活用が最適です。まずはカスタマーサポート各社に相談してみましょう。

同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

訪日外国人観光客が増えるにしたがって対応の必要が増えてくるのが、外国語での問い合わせです。自身のビジネスにせっかく問い合わせをしてきてくれる訪日外国人観光客というのは、それだけサービスのロイヤルカスターになってくれる可能性が高いですので、しっかりとした対応が必要になってきます。こうした多言語カスタマーサポートを選ぶポイントとしては、どの言語に対応しているのか?またその対応手法やサービス時間、どのような分野を得意としており、過去の実績などがどうなっているのかという部分です。

同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1対応言語

    多言語カスタマーサポートの選択のポイントの1つになるのが、何言語までの対応が可能であるのかという部分です。最も一般的なのは英語ですが、近年は中国人観光客が大幅に増えていることから、中国語での対応が出来るということも多言語カスタマーサポートの必須条件となりつつあるでしょう。対応出来る国籍、地域が多いという意味では、スペイン語での対応が出来るというのも多言語カスタマーサポート選択のポイントとなります。

  • ポイント2対応分野

    多言語カスタマーサポートの選択のポイントとして別途あげられるのが、その多言語カスタマーサポートが対応可能な分野についてです。外国人観光客から寄せられる質問、問い合わせの中には道順など一般的な内容から、該当のビジネスに関する詳細の質問なども含まれます。専門的な単語を知らないと対応難しいような問い合わせにも対応可能な多言語カスタマーサポートなのかどうか、それとも一般的な問い合わせのみに対応可能な多言語カスタマーサポートなのかも選択におけるポイントとなるでしょう。

  • ポイント3対応手法

    多言語カスタマーサポートの対応手法には、一般的にはチャットやメール、電話といった手段が存在します。海外ではチャットによる多言語カスタマーサポートがかなり一般的となっていますが、日本の場合はメールか電話での多言語カスタマーサポートが一般的となっています。外国人観光客を待たせてしまうことは機会損失に繋がりますので、リアルタイムでの多言語カスタマーサポートが必要な場合は電話。時間差での対応が許容出来る場合はメールでの多言語カスタマーサポートを選ぶと良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
22件
同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション22件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
  • 多言語コンタクトセンター
    24時間365日対応の自社コールセンターによるインバウンド業務を中心に、ヘルプデスク・システム監視など多様なニーズに対応します。
    24時間365日対応の自社コールセンターによるインバウンド業務を中心に、ヘルプデスク・システム監視など多様なニーズに対応します。
    資料リクエスト
  • PANインバウンド
    外国人からの電話が日本語だけで対応できる
    外国人からの電話が日本語だけで対応できる
    資料リクエスト
閉じる
多言語カスタマーサポートカテゴリの資料22件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 3件
医療アシスタンスサービス
ili インバウンド
多言語カスタマーサポート
訪日団体旅行オペレーション
ほか22件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。