訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

インバウンドコンサル(総合)

インバウンドマーケティングを自社だけで始めるのは非常に大変です。まずは専門のコンサルティング企業に相談してみましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

インバウンドコンサル(総合)の資料を

無料でダウンロード

インバウンドコンサル(総合)の概要

一口に「インバウンドコンサルティング」といっても、その内容は多岐にわたります。例えば、観光地としての魅力づくりとしては観光コンサルタント的な側面が必要ですし、インバウンド誘致にあたっては、それをオンライン上で行うのであればWEBコンサルタント、インバウンドビジネスを通じた企業としての収益増を目指すのであれば、経営コンサルタントの視点が必要になり、かつ、インバウンドとしての基礎知識があることが前提条件となるでしょう。そのため、インバウンドコンサルティングとは言っても、インバウンドの前提知識を持ったそれぞれ専門のコンサルティング会社を活用する場合がほとんどといえます。

インバウンドコンサル(総合)のイメージ

D31440a3fd3e783fd73933f80fef9cbca1e653fb

インバウンドコンサル(総合)を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

インバウンド関連の実績

インバウンドコンサルと言っても、インバウンドのプロモーションで使用するWebツール、サービスなどにどの程度明るいのか?インバウンドコンサルとして最新情報を知っているのか?対象とする国に関して文化的、風習、言語などに関する知識があるのか?その国での最新情報を知っているのか?といった事がインバウンドコンサルとして重要になってきます。こうした物事に関しての知識、経験、実績があるのか?といった点がインバウンドコンサルを選ぶ上でポイントとなるでしょう。

Point2

専門分野について詳しいかどうか

インバウンドコンサルの存在意義とは、専門分野に対する深い知見をもとに、クライアントに対して正しい行き先を示すことにあります。その正しい行き先にたどり着くために必要な勉強や調査の時間を「買う」効果のためにインバウンドコンサルを活用するという考え方もあります。何れにせよ、そのインバウンドコンサル会社の本業としての専門分野の知識がどれだけ深そうか、という視点は比較検討する際に重要なポイントだと言えるでしょう。

Point3

インバウンドコンサルの費用

おおよその場合、インバウンドコンサルの費用(コンサルフィー)は、担当者の知見の深さによる人月単価と稼働によって決定されます。例えば人月100万で週1日稼働であればインバウンドコンサルは20万となります。人月単価だけでなく稼働で費用を調整できる場合もあるので、それらを含めてどのインバウンドコンサル企業を利用するのか比較・検討すると良いでしょう。

インバウンドコンサル(総合)の一覧

Next white

インバウンドコンサル(総合)の
資料を

無料で一括ダウンロード