訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

多言語化表示サービス

日本語で書かれた商品説明では訪日外国人は理解できません。商品の成分表や紹介文などを英語や中国語で表現してPRを加速させましょう。

迷ったら各社を比較!

多言語化表示サービスの資料を

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

多言語化表示サービスの資料を

無料でダウンロード

多言語化表示サービスの概要

訪日外国人も誰もが持っているスマートフォンを利用して、飲食店のメニュー、小売店の看板などを行う多言語化表示サービスが登場しています。基本的にはスマートフォンなどの端末のカメラで読み取り、それを翻訳して画面上に表示するというものですが、こうした表示や翻訳をどのように行うかによって、多様な多言語化表示サービスが存在します。このサービスの利用者となる訪日外国人観光客にとって、どのような形式が使いやすくストレスがないか、また導入する側としての使い勝手や利用料金などが選択のポイントとなるでしょう。

多言語化表示サービスのイメージ

8fea265be66d7a98bd14c3ac4b767887a5f5e938

多言語化表示サービスを選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

表示方式

多言語化表示サービスに関しては、スマートフォンのカメラで読み取ったものを翻訳して画面上に表示するもの、また各言語の説明文を表示するのにQRコードを読み取って表示するものに大別されます。カメラで読み取る方式の多言語化表示サービスの場合、あくまでもカメラで読み取った範囲のみが対象となるのに対し、QRコード読み取り形の多言語化表示サービスの場合、翻訳済みの文章をQRコードで読み取って表示するという違いがあるため、スペースを取らずに済むという利点があります。

Point2

料金体系

こうした多言語化表示サービスは、多言語化表示システムの利用料が月額でかかる場合、導入費用がかかる場合、翻訳料は別途の場合など様々な料金体系があります。そのため、自店舗の規模と訪日外国人の増加率と、導入にかかるコストを天秤にかけて比較検討するとよいでしょう。また、多言語化表示の肝となる翻訳が機械翻訳の場合と人力翻訳の場合があり、それによって料金が変わるケースもあります。こちらも、自店舗のメニューの形式・文章量や特殊性などを考慮に入れて選択すると良いでしょう。

Point3

対応言語数

多言語化表示サービスもその他の翻訳サービス同様、翻訳ないし表示出来る言語の数に差があります。どの言語で表示を行うのかということに関しては、お店を訪れる訪日外国人がどのような言語を良く利用しているのか、どのような言語での質問が多いのかなどをふまえて、こうした多言語化表示サービスに対応すべき言語と言語数を決定すると良いでしょう。なお、一部のサービスの場合はユーザーの端末の言語設定に応じて自動で表示言語を決定してくれるなどの多言語化表示サービスもあります。

多言語化表示サービスの一覧

Next white

多言語化表示サービスの
資料を

無料で一括ダウンロード