新規顧客獲得のチャンス!「旅アト」に有効なインバウンド対策

「旅アト」とは、日本から母国に帰国したあとの期間のことです。お土産を渡したり、旅行中の思い出をSNSに投稿したりして訪日旅行の余韻にひたっている期間です。期間としては旅行後おおよそ1ヶ月程度です。 訪日した外国人観光客のリピーター化を促進するのはもちろん、SNSなどで訪日旅行の様子を拡散してもらい、新規の訪日客を増やすことが期待できる期間です。また、旅行中に買えなかったものを購入できる越境ECサイトを構築することで、新たな顧客の獲得が可能となります。まさに、旅アトの期間は新規顧客創出のチャンスと言えます。 旅アトにプロモーションをすべきは、SNSなどでの口コミ拡散による新規訪日外国人顧客(次の旅マエ)の創出やリピーター化が重要になるビジネス、越境ECを活用して帰国後の訪日外国人観光客にアクセスできるようなインバウンドビジネスです。 具体的には、小売店(越境EC)、宿泊施設、旅行代理店などが対象となります。例えば、小売店(越境EC)であれば、旅ナカで購入した消耗品類の買い足しとしての越境ECの促進、宿泊施設であれば、口コミやSNS上でのシェアの促進による新規顧客の創出などが考えられます。 今回は旅アトにおすすめしたいインバウンド対策をご紹介します。

SNS運用で新規顧客にアプローチ

旅アトの期間に、訪日外国人旅行客はSNSで旅の思い出をシェアします。投稿はまだ日本に来たことがない友達にも触れるため、SNSは新規の訪日旅行客創出の機会となります。また、投稿された記事のハッシュタグに関連した広告を出すことで、訪日旅行に興味を持った人へのアプローチが可能となります。 SNS運用によるプロモーションは、継続的な運用が必要です。加えてインバウンド向けのSNS運用となれば、翻訳はもちろん各国のSNS文化に精通している必要があり、片手間で運用するのは難しいでしょう。 自社にあったSNS運用を得意としているサービスを比較検討してみてください。

インバウンドデータの活用で次の施策を考える

旅アトの期間においては、インバウンドデータの活用も有効な対策の一つです。例えば、訪日旅行中の観光客の行動分析や消費傾向のデータを知ることで、リピートしてもらうための施策や、新たにターゲットとする層がより正確で明確なものになってきます。 インバウンド市場の盛り上がりに伴って、様々なデータを提供するサービスが出てきています。データを元に何をしたいのかがはっきりしている場合はインバウンドデータの活用は非常に有効だと言えます。是非ご参考ください。

越境ECサイトでファンの囲い込み

「旅行中に買えなかったものを買いたい」「日本で買ってきた商品をまた買いたい」こうしたニーズに応えるために越境サイトを構築することもビジネスチャンスの創出につながります。越境ECサイトがあることで、自社商品のファンやリピーターの獲得が期待できます。 越境ECサイトは単純にサイトを制作するだけでなく、サイト完成後がスタートとなります。市場の動きやトレンド、国民性などを理解したサイト作り、その後も豊富なマーケット知識でサポートしてくれる体制下どうかが比較検討のポイントです。

新規顧客獲得のチャンス!「旅アト」に有効なインバウンド対策に関連するカテゴリー

新規顧客獲得のチャンス!「旅アト」に有効なインバウンド対策に関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。