地方で効果が期待できるインバウンド対策とは?

近年では訪日外国人旅行客のニーズが多様化するにつれ、彼らが目的地とする場所は必ずしも有名な観光スポットや都市部だけではなくなってきました。 少子高齢化という問題を抱える地方自治体では、インバウンドの呼び込みを地方創生の1つの切り札として考え、観光産業の充実に取り組むところも増えています。 定住人口1人減った場合の経済的損失は約125万円と言われており、日本人で補完するには80人の観光客が必要なところ、訪日外国人旅行者であれば8人でその消費を賄うことができるともされています。 こちらの特集では、地方におけるインバウンド対策にご活用いただけるソリューションサービスをご紹介いたします。

インバウンドコンサル

地方においてインバウンド誘致のニーズが高まるにつれ、様々なコンサルティング会社が地方創生コンサルティングに名乗りをあげるようになりました。 一口に「インバウンドコンサル」といっても、その内容は多岐に渡ります。観光地としての魅力づくりには観光コンサルティング、オンライン上で集客を図るにはWEBコンサルティング、企業としての収益増を重視するのであれば経営コンサルティングといった視点も必要になります。 地方自治体においてインバウンドコンサルティングを検討する際には、インバウンドの知識に加えて、観光コンサルティングに長けていることや実際の地方企業・自治体における実績が重要になってくるといえるでしょう。

オプショナルツアー

個人での訪日旅行客の増加や、目的が”モノ”から”コト”に変化しつつあることから、近年「オプショナルツアー」の人気が高まっています。 オプショナルツアーとは、短時間から参加できる観光や体験などのプログラムです。 特に日本の伝統文化体験の人気が高まっています。地方を訪れるきっかけづくりとしてオプショナルツアーを活用していただくことができます。 実際にインバウンド客の呼び込みに成功している事例もいくつかあります。 日本旅行を考えている層に対しての認知が重要になってきますので、各サービスの体験予約サイト自体の認知度はどうか?サイトとしての魅力はどうか?といった点をよく検討しましょう。

SNS

SNSは、リアルタイムで国内だけではなく世界中の人達とつながることができるツールです。 地方でまだ知られていない魅力を世界中にアプローチすることが可能です。魅力的なPR動画や写真をSNSにあげることで、旅マエからファンを増やしたり、インフルエンサーを活用してターゲットを絞って確実なアプローチを試みたりと、地方創生とSNSはとても相性が良いといえます。 サービスを比較検討する際には、得意なSNSや業種・対応言語・サポート体制などを確認するとよいでしょう。

地方で効果が期待できるインバウンド対策とは?に関連するカテゴリー

地方で効果が期待できるインバウンド対策とは?に関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。