訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

SNS運用(WeChat)

中国においてはインフラと言っても過言ではないほどの広まりを見せるWeChat(微信)は、中国人にとってはFacebook、Twitterなどに変わるコミュニケーションツールとして圧倒的なシェアを誇っています。インバウンドにおいて、訪日中国人向けの情報発信をする際に是非運用しておきたいSNSの1つです。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

SNS運用(WeChat)の資料を

無料でダウンロード

SNS運用(WeChat)の概要

中国で圧倒的なシェアを誇るWeChat(微信)は、中国向けにマーケティングを行う際に絶対に抑えて起きたいSNSの1つです。親会社である騰訊(テンセント)の2018年3月の発表によると、そのアカウント数は全世界で10億人を突破しており、中国国内で商品やサービスのPRを行うには必須のサービスと言えます。このWeChat(微信)のアカウント運用に関しては中国語で伝えることはもちろん、現地の肌感覚が非常に重要になりますので、中国のSNS文化に明るい企業、サービスに運用代行を依頼することが重要です。

SNS運用(WeChat)のイメージ

41039ca0658bcbd5d26b3afca82d77ca807c55ab

SNS運用(WeChat)を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

運用の実績

WeChat(微信)のSNS運用実績がどの程度かというのはサービス選択における大きなポイントとなります。運用前と比較してどの程度WeChat(微信)での効果があったのかWeChat(微信)のSNS運用実績を把握しましょう。またWeChat(微信)のSNS運用実績として、どの程度実際の集客に寄与したのかといった内容も把握出来ているとさらに良いでしょう。

Point2

SNS運用代行業者が対応可能な言語

インバウンド向けにWeChat(微信)のSNS運用をする以上、中国語での運用は必須となります。そのため、比較・検討しているWeChat(微信)のSNS運用代行業者が中国語にどの程度堪能なのかをチェックしておくようにしましょう。また、WeChat(微信)は中国・台湾によって特徴的な使い方がある場合が多く、そのため、自社がターゲットとしている国、地域向けのWeChat(微信)のSNS運用代行の実績があるかどうかもチェックしておくと良いでしょう。

Point3

SNS運用業者が得意な業種

SNS運用をする目的は自社の商品・サービスのプロモーションです。極端な例ですが、寿司屋とエステサロンではSNS運用におけるターゲット顧客はもとより、企画、投稿内容など全てが異なります。そのため、インバウンド向けであっても、自社の商品やサービスに関する領域が得意なWeChat(微信)のSNS運用サービスかどうかも把握しておくと良いでしょう。

SNS運用(WeChat)の一覧

Next white

SNS運用(WeChat)の
資料を

無料で一括ダウンロード