越境ECサイト制作

日本で買った商品を、母国で再注文したい訪日外国人が増えています。自社の商品を海外に発送する「越境EC」で外国人のファンを作り囲い込みましょう。

同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

越境ECとは日本以外の外国を対象とした(Electronic Commerce:エレクトリックコマース)を意味する言葉で日本国内でも注目を集めています。これは一時期話題となった中国人による爆買いなど、海外の日本製品を求める声に対応した結果生まれたものです。日本の人口減少に伴い国内の消費は低下が予想されており、直接他国に出店するには輸出コストなどの費用面や現地での運営方法などのハードルが高いこともあり、商圏が絞られない越境ECを始める企業が近年増えています。

同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1事前準備、調査、サポート体制

    越境ECサイト制作にあたっては、市場調査、サイト完成後の継続したサイト成長のためにマーケティング知識が不可欠です。越境ECサイト制作というのは単純にサイトを制作して終わりではなく、越境ECサイト制作を終えてからがスタートとなります。そういった意味では市場ごとの動き、トレンド、国民性などを理解して越境ECサイト制作にあたり、その後も豊富なマーケット知識でサポートしてくれる体制であるかは大きなポイントです。

  • ポイント2翻訳の質

    サイト作成やマーケティングは得意だが、サイトの翻訳内容が酷いと越境ECサイト制作をした意味がありません。越境ECサイト制作だけでなく、翻訳先の言語のネイティブがサイトを見ても違和感がないほどの翻訳になっているかどうかは、翻訳先の言語での利用者を伸ばす上で重要です。越境ECサイト制作においてはマーケティング知識、翻訳作業までもワンストップで提供出来る企業のほうが、発注時の手間が1つ減ると言えるでしょう。

  • ポイント3翻訳先の言語、文化への理解

    越境ECサイト制作では、その国の消費者の行動パターン、祝日、休日、風習、習慣を理解することが重要です。越境ECサイト制作では、例えば季節行事に合わせたセール、サイトのデザイン変更なども必要になってきます。こうした文化への理解の有無で売上が大きく左右される可能性も高いですから、越境ECサイト制作において文化や言語への理解が深いということも同時に重要な点の1つです。

同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
29件
同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション29件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
越境ECサイト制作カテゴリの資料29件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 3件
豌豆(ワンドウ)プラットフォーム
越境EC(クロスボーダー)サイト制作
Live Commerce
海外発送代行サービス  転送コム
ほか29件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。