【アフターコロナ対策】訪日旅行の動機づけが必須!メディアを活用して旅マエアプローチ

コロナ禍を経て海外旅行のハードルが上がっている今、訪日旅行のきっかけとなる情報発信の継続が重要です

日本政府観光局(JNTO)は、コロナ禍におけるインバウンド施策について、情報発信を継続しつつ出入国規制緩和の地域から各市場に向けてプロモーションを再開する方針を表明しました。はじめに東アジア、その後東南アジア、欧米豪へと拡大していく見通しです。現時点では訪日旅行への関心つなぎ止めの為の情報発信に努め、徐々に地域の感染防止対策の取り組みやイメージ訴求の広告を展開していく予定です。JNTOは、コロナ禍を経て海外旅行のハードルが上がっていることから、「日本に来てもらうためには特別な目的やテーマが重要」という見解を示しています。動機付けには旅マエのアプローチが欠かせません。旅マエ・プレ旅マエの外国人にアプローチする手段の一つにメディアの活用が挙げられます。近年インバウンドビジネスの高まりに伴って、訪日旅行を検討している観光客向けのメディアが増加しています。フリーペーパーやガイドブックなどの紙媒体から、WEBサイトやアプリまで様々な媒体がみられます。各媒体アフターコロナ・ウィズコロナ時代の情報発信のあり方やコンテンツなど工夫がされているので、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

【アフターコロナ対策】訪日旅行の動機づけが必須!メディアを活用して旅マエアプローチに関連するカテゴリー

【アフターコロナ対策】訪日旅行の動機づけが必須!メディアを活用して旅マエアプローチに関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。