訪日外国人の消費拡大の鍵を握るナイトタイムエコノミー

ナイトタイムエコノミーは、文化・経済の両面から地域を活性化させる可能性をもつ重要なテーマです。夜間を含め、地域文化の幅が拡大することで、旅行客の滞在時間が増えて消費拡大の実現が期待できます。

国土交通省のナイトタイムエコノミー議連中間提言によれば、各国における観光客のナイトライフ消費割合は、アメリカが約10%、フランスやドイツが約8%であるのに対し、日本は約1%にとどまっており、日本では訪日外国人の夜間の消費額が少ないこと、そもそものコンテンツが少ないことが課題になっています。 インバウンド対策としてナイトタイムエコノミーを積極的に推進していくことで、訪日外国人観光客の満足度を上げ、日本経済の活性化も期待できるでしょう。治安維持や公共交通機関の営業時間拡大など課題は様々にあるものの、訪日外国人の消費拡大にもつながる為、今後求められていく市場であるといえます。今後も動向に注目していく必要がありそうです。 ナイトタイムエコノミー市場への参入は、営業時間の拡大や労働力の拡充の他に、旅マエのプロモーションや旅ナカの受け入れ環境整備も必要になってきます。こちらの特集ページでは、ナイトタイムエコノミーでの対策にご活用いただけるソリューションをご紹介しております。

訪日外国人向けメディア

訪日外国人が旅行前に参考にする情報として、WEBサイトやWEBメディアが挙げられます。旅マエに利用する訪日外国人向けメディアに、ナイトタイムの観光コンテンツの掲載することで自社サービスの認知拡大が期待できるでしょう。インバウンドの集客を図るには、まずは自分達のサービスに適したメディアを選ぶところから始まります。

SNS運用

SNSアカウント運用による情報発信や口コミ投稿の促進などにより、認知拡大やファンの獲得が期待できます。自社の商品やサービスに関するSNS運用の実績があるか、その領域が得意なSNS運用サービスかどうかも把握して比較検討することが必要になります。

多言語化表示サービス

昼間のサービスと同様、施設案内の多言語表示はインバウンド受け入れ環境整備として必須といえます。表示方法や翻訳手法によって多様なサービスが存在している為、利用者となる訪日外国人観光客にとって、どのような形式が使いやすくストレスがないか、また導入する側としての使い勝手や利用料金などが選択のポイントです。

メニュー多言語化

ナイトタイムエコノミーの資源の一つに居酒屋、カフェ、バーなど飲食店が挙げられます。飲食店のインバウンド対応で必須となるのはメニューの多言語化です。せっかくメニューに工夫を凝らしても、それが伝わらなくては意味がありません。観光庁の発表によると、訪日外国人は日本ならではの「食材」「調理法」などに特に注目するようになっているというデータもあります。こだわりのポイントをしっかりとアピールしましょう。

訪日外国人の消費拡大の鍵を握るナイトタイムエコノミーに関連するカテゴリー

訪日外国人の消費拡大の鍵を握るナイトタイムエコノミーに関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。