インバウンド客が日本の百貨店・デパートに求めるものとは?

一時期の”爆買い”は落ち着いたと言われるものの、百貨店の免税売高は依然好調が続いています。 2019年の年明けに中国国内で施行された電子商務法(EC規制法)の影響で1月の免税売上高は落ち込みましたが、2月には再びプラスに転じています。 この電子商務法では、商品を仕入れ、中国国内において販売できるのは登録した人だけとし、ECビジネスに携わる人には全て納税義務が課せられました。海外渡航者の自国への持ち帰り品への規制を強化し、健全なネット販売の環境整備を目的としています。ビジネスを目的としないお土産品として持ち込める物の限度額は1回1人あたり2,000元→5,000元、年間で20,000元→26,000元に増額されていますので、今後も百貨店において免税売上が大きく落ち込むことは考えにくいと言えます。 また、訪日外国人旅行客の行動範囲が広がったことにより、ビジネスチャンスは都市部の百貨店に限定されない状況になりつつあります。 集客と接客、そのどちらにおいても独自の魅力を打ち出していくことがますます求められそうです。

音声翻訳デバイス・チャットボットシステム・接客ロボット

その場で話したことを翻訳してくれる音声翻訳デバイス。訪日外国人旅行客からの問い合わに、スタッフに代わって自動で受け答えするチャットボットシステム。また、徐々に導入数が増えているとされる接客ロボット。 どれも現状では人間的な回答が行えない、辞書にない質問には回答できないといった課題もあります。 しかし、導入のメリットには「従業員のみでは難しい多言語対応が可能」「人的な労力とコストが削減できる」といった点が挙げられます。もちろんシステムのみに頼らず、スタッフによる心のこもったおもてなしも必要ですが、コミュニケーションが円滑になることで、快適な購入体験を提供することができるでしょう。

SNS運用

近年プロモーションの方法として動画・コンテンツ制作がポピュラーになってきています。動画によるインバウンド対策・集客のメリットとしては、顧客のイメージに残りやすいという点です。 伝えたい情報を写真や画像な百貨店やデパートにおけるインバウンド消費にも、爆買い現象に代表される「モノ消費」から「コト消費」への移行が見られています。 「百貨店=高級ブランド品を購入する場所」から「丁寧なカウンセリングの上で化粧品を買える場所」や「非日常的なイベントに参加できる場所」に変化しつつあるのです。 このインバウンド客の「コト消費化」は、SNSの活用と相性が良いものと考えられています。なぜならば、クーポンや商品紹介を通じての販促活動のみならず、消費者とのコミュニケーションや体験の提供が可能であるためです。SNSでの拡散を意識したプロモーション展開で訪日客のマインドをがっちり掴みましょう。   どよりも一度に多く発信できるため、工夫を凝らした動画コンテンツを制作することでそれぞれの百貨店・デパートの色をはっきりと打ち出すことができます。 ターゲット国で人気のあるタレントを起用することでイメージアップをはかったり、百貨店のサービスの中で”日本人には当たり前でも海外の人にとっては面白い”ことを探って動画にしたり、様々な切り口を考えてみましょう。

インバウンド動画制作

近年プロモーションの方法として動画・コンテンツ制作がポピュラーになってきています。動画によるインバウンド対策・集客のメリットとしては、顧客のイメージに残りやすいという点です。 伝えたい情報を写真や画像などよりも一度に多く発信できるため、工夫を凝らした動画コンテンツを制作することでそれぞれの百貨店・デパートの色をはっきりと打ち出すことができます。 ターゲット国で人気のあるタレントを起用することでイメージアップをはかったり、百貨店のサービスの中で”日本人には当たり前でも海外の人にとっては面白い”ことを探って動画にしたり、様々な切り口を考えてみましょう。

インバウンド客が日本の百貨店・デパートに求めるものとは?に関連するカテゴリー

インバウンド客が日本の百貨店・デパートに求めるものとは?に関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。