接客ロボット・AI

ペッパーを始め、接客用のロボットがどんどん増えています。訪日外国人に向けた簡単な案内はロボットにまかせて業務の効率化を図りましょう。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

徐々にその数が増えていると言われる接客ロボット・AI。店頭での呼び込み、案内、通訳、外国語での対応など、導入するだけですぐさま色々な業務で活用出来るとされています。2015年頃から話題を呼び接客ロボット・AIの数、そして提供出来る機能、ビジネス用途でのレンタルなどが広がってきました。今後さらなる機能拡張なども期待されますので、接客ロボット・AIの選択においては、機能面や価格だけでなく、サポート体制などもしっかりと考える必要があるでしょう。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1どのような機能を求めるのか

    現在、接客ロボット・AIが提供出来るのは案内業務にほぼ限られるため、導入が可能な業態、業種は限られてきてしまいますが、接客ロボット・AIは多言語での対応が可能なこと、そして何よりも話題性による集客効果が期待出来ます。接客ロボット・AIは複数台導入するとなると、クラウドで売上の高い店員のセールストークの共有など、ノウハウの共有が用意であることなどが特徴ですが、こうした機能面が比較のポイントとなります。

  • ポイント2価格・サポート体制

    接客ロボット・AIを購入すると、現時点ではかなり高価ですが、ビジネス向けであれば接客ロボット・AIのレンタル契約が用意されている場合もあります。接客ロボット・AIをレンタルする場合は、月々の支払い額、また故障した場合のサポート体制、故障した場合に代替機が無料で貸し出されるのかなどが選択のポイントとなります。

  • ポイント3使用場面

    接客ロボット・AIの数が現時点ではそこまで多くないため、残念ながら使用場面ごとに何台もの接客ロボット・AIの選択肢があるわけではありません。そのため、自らのビジネスではどのような用途で使用するのかを考え、その用途を満たすであろう接客ロボット・AIを選択していくことになります。現時点では接客などの案内、銀行業務、医療、企業受けつけ、工場案内など様々な用途で接客ロボット・AIが開発されています。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
10件
同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
接客ロボット・AIカテゴリの資料10件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 2件
AIさくらさん
QRHOTEL
USENおもてなしキャスト
多言語対応のセルフチェックインシステム「KIOSK」
ほか10件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。