12月に日本を訪れる欧米、豪州の訪日外国人向けのインバウンド対策をしよう!

例年冬にはウインタースポーツや日本の冬の味覚を楽しむため、欧米人、豪州などから観光客が多数訪れます。こうした英語圏、欧州の訪日外国人を迎える準備を進めましょう!

日本の冬は、スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツや、日本ならではの雪景色、冬のグルメなど、訪日外国人にとっても魅力的なもの。 クリスマス休暇が含まれる12月には、平均滞在日数が概ね10泊以上の欧米、豪州からの訪日外国人が数多く訪れます。 こうした英語圏、欧州の訪日外国人を迎える準備を今から進めましょう。

冬の訪日客の楽しみ:ウィンタースポーツ

日本のスキー場の人気は高く、スキーやスノーボードを楽しみに訪れる観光客は多くいます。 ウィンタースポーツのアピールにより、インバウンド集客に成功した地域の代表として北海道のニセコ町や長野県の白馬村が挙げられます。 こうした施設では、認知拡大としてメディアなどを活用したプロモーション、SNS運用、受け入れ環境の整備としてメニューや施設の多言語表示・接客の多言語対応などへの取り組みがなされています。

冬の訪日客の楽しみ:日本食を食べること

多くの訪日客が「日本食を食べること」を楽しみにしており、日本ならではの「冬の味覚」は訪日客にとって大きな魅力になります。 特に地方はその土地ならではの食材や料理をアピールすることができます。 旅ナカに食事場所を決める訪日客を取り込むのには飲食店予約サイトやフリーペーパー・ガイドブックなどが有効でしょう。また、メニューや看板の多言語表示や接客における多言語対応も重要です。

冬の訪日客の楽しみ:日本の雪景色を鑑賞する

訪日客の傾向として、モノ消費からコト消費にシフトしているとされており、「日本の雪や冬山の景色を鑑賞すること」もアピールできる点です。 雪や自然の豊かさをアピールして集客につなげることも期待できるでしょう。 オプショナルツアーは、ツアー客に限らず個人旅行客や日本人も参加することができます。オプショナルツアー・体験予約サイトを活用して冬の時期の集客拡大を目指しましょう。

ピックアップ・カテゴリー

  • 訪日外国人向けメディア(英語)
    訪日外客数は毎年過去最高を更新しつづけており、インバウンド市場の拡大にあわせて、訪日外国人向けメディアに注目が集まっています。世界共通語としての英語の訪日外国人向けメディアに情報を掲載することで、幅広い国や地域の訪日外国人に自社の商品、お店、観光地を知ってもらうことが出来ます。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 訪日欧米人向けインバウンドコンサル
    一口に「訪日欧米人向けインバウンドコンサル」といってもその内容は多岐にわたります。例えば、欧米人観光客を観光地に迎えるという側面では、いかに訪日欧米人を惹きつけるのかといった知識が必要になります。また訪日欧米人を対象としたWebサイトの構築を行う場合は、欧米人のインターネット上での行動に関しての知識が必要です。訪日欧米人向けの対面での接客に関するコンサルタントであれば、これもまた専門の知識が必要になってきます。そのため、訪日欧米人向けインバウンドコンサル会社と言っても、どのような分野を得意としているのかをしっかりと把握することが選定のポイントとなります。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 多言語化表示サービス
    スマートフォンを利用して、飲食店のメニュー、小売店の看板の多言語表示が可能な多言語化表示サービスが登場しています。基本的には端末のカメラで読み取り、それを翻訳して画面上に表示するというものですが、こうした表示や翻訳をどのように行うかによって、多様な多言語化表示サービスが存在します。このサービスの利用者となる訪日外国人観光客にとって、どのような形式が使いやすくストレスがないか、また導入する側としての使い勝手や利用料金などが選択のポイントとなるでしょう。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • オプショナルツアー・体験予約サイト
    こうしたオプショナルツアー・体験予約サイトでは、外国人に人気が出ている「コト消費」に関連したツアー内容が豊富にラインナップされています。アクティビティーに強いオプショナルツアー・体験予約サイトもあれば、通訳案内士による個人ガイドが強いもの、テーマパークなどのチケットが豊富なオプショナルツアー・体験予約サイトもあります。様々なオプショナルツアー・体験予約サイトを比較して最適なものを選びましょう。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 広告運用(英語圏向け)
    インターネット広告が誕生してから20年が経ち、様々な広告配信手法が生まれました。それらを束ねる広告運用という業務は、広告を入稿・配信・レポートし、クリエイティブの変更や配信ターゲット先などのPDCAをまわしていくことがその役割です。広告運用業者によっては、英語圏での広告そのもののクリエイティブを作成もできる業者、オフラインの施策も併せて運用してくれる業者などもありますが、基本的に「広告運用」といった場合には、前述の通り、名前の通りインターネット広告の運用、そしてその運用の最適化を担当します。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

12月に日本を訪れる欧米、豪州の訪日外国人向けのインバウンド対策をしよう!に関連するカテゴリー

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。