インバウンド消費を促進!拡大する免税店への参入

訪日外国人観光客の数は年々増え続けており、日本国内でも様々な企業や団体がインバウンドビジネスを成功に導こうとしています。 目的の一つには、「インバウンド消費を促進させること」が挙げられます。 「海外でお得に買い物をしたい。」というのは私達が海外を旅行する際にも考えることです。同様に、訪日外国人旅行客も日本国内でお得にショッピングできる場所を求めています。 そこで候補に挙がるのが「免税店」です。 免税店における規制は緩和傾向にあり、2019年7月1日より臨時免税店制度も開始されるなど、2020年に向けて政府でも積極的な後押しがされている状況です。 また、免税機能付きのレジやアプリなども増え、申請や手続きも簡略化しつつあります。この機会に免税店になることを目指すのも、一つの経営戦略といえます。 今回は、免税店におけるインバウンド対策をご紹介しております。

音声翻訳デバイス・多言語接客支援ツール

免税店として認可されるための条件の一つに「非居住者に対する販売に必要なスタッフが配置されているかどうか」というものがあります。流暢な外国語で対応できなければならないわけではなく、訪日外国人客に必要な手続きを説明できることが必要となります。そのような時に役立つのが、音声翻訳デバイスや多言語接客支援ツールです。 コミュニケーションの面での不安を解消するためにも導入を検討してみてはいかがでしょうか。

免税システム・免税POS

免税店の業務において大変になるのが、訪日外国人客の購入毎に手続きが必要な免税申請書類作成業務です。こうしたオペレーション上の課題を解決するのが免税システムや免税システムを内包している免税POSです。免税申請書類作成業務を自動化することにより、工数の削減や記入漏れなどのミスを防ぎ、日々の業務の効率化を図ることができます。

訪日外国人向けメディア

免税店になるだけで、インバウンド消費が増加するというわけではありません。免税店化に加えて、集客のためのプロモーションが必要になります。対策の一つとして訪日外国人向けメディアでの紹介をおすすめします。様々な訪日外国人メディアが出てきていますので、自社商品の色にあったコンテンツ内容を配信しているメディアを選びましょう。

インバウンド消費を促進!拡大する免税店への参入に関連するカテゴリー

インバウンド消費を促進!拡大する免税店への参入に関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。