訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

通訳業務

訪日外国人の増加によって、店舗で訪日外国人と接客する場面や商談シーンで通訳が必要なケースが増えてきています。通訳専門の企業の力を借りておもてなしレベルをアップさせましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

通訳業務の資料を

無料でダウンロード

通訳業務の概要

今後日本を訪れる訪日外国人が増加するに従い、また海外とのやりとりが増える中で、様々な通訳業務が必要とされてきます。しかしこうした通訳業務にも様々な種類が存在し、求めている通訳業務に最適な通訳者を見つける上では、自分が求めている通訳業務とはどのようなものなのか?としっかりと把握していることが最も重要になってきます。自分が求めている通訳業を理解するには「通訳を必要とする言語」「通訳を必要とするジャンル」「通訳を必要とする手法」で分けて考えていくとわかりやすいでしょう。

通訳業務のイメージ

3d2461906044a99bb30bdb29bd84d4e962230536

通訳業務を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

通訳を必要とする言語

通訳業務を依頼する際には通訳者の専門言語が何であるかが重要になります。英語や中国語の通訳業務は需要が多いですが、タイ語など重要が少ない通訳業務を専門とするという業者は、英語通訳業者ほどは多くありません。そのため、どのような言語での通訳業務を依頼するのかによって、通訳者を見つける難易度は変わってしまいます。このような言語の通訳者を必要とする際には早めに準備を始める必要があります。

Point2

通訳を必要とするジャンル

通訳業務を依頼する場合、通訳者の専門とするジャンルを意識して通訳業務を依頼、選定していく必要があります。交渉なども交じるビジネス通訳、主に会議内容や資料の通訳、放送通訳など通訳業務と言ってもジャンルは様々。必要とされる通訳業務での通訳者としての経験が豊富な人材を選ぶと、安心して通訳業務を任せることができるでしょう。

Point3

通訳を必要とする手法

通訳業務の手法には、話者がある程度の内容を話したところで通訳者がその内容を発信する逐次通訳、話者の話す内容を聞きながら同時にターゲット言語へと訳する同時通訳、同時進行で話者の話した内容を聴き手の耳元でささやくように訳するウィスパリングなど様々な通訳業務が存在します。依頼しようとしている通訳業務がどのような通訳業務であるかをしっかりとイメージしてから通訳者を探す事が重要でしょう。

通訳業務の一覧

Next white

通訳業務の
資料を

無料で一括ダウンロード