災害時対応

商業施設やショッピングモールで必要な災害時対応には訪日外国人への対応も含まれます。訪日外国人に向けた災害時対応をしてくれる企業を探しましょう。

同じカテゴリのソリューション5件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

訪日外国人にとっての災害時対応としては、まずは基本的な災害用品、備蓄の準備のほか、外国語でどのような対応が出来るかといった点がポイントになります。災害発生時に心細いのは日本人も訪日外国人も変わりません。そのため、ある程度は訪日外国人向けの対応として考えることも必要ですが、基本的には災害にあったゲストが安心を感じられるには?という視点で対策を練ることが必要です。

同じカテゴリのソリューション5件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1防災用品・備蓄品

    災害時対応の基本は災害が発生した際にしっかりと対応出来る防災用品や備蓄がその場にあることです。災害時対応を提供するサービスにおいては、このような災害時対応の際に役立つ防災用品や備蓄品を販売・提供しているケースが多くあります。防災用品や備蓄品をこれらの災害時対応サービスを活用して準備する場合、実際に使用する場面を想定しての使い勝手、普段は邪魔にならないコンパクトさであることなどを考えると良いでしょう。

  • ポイント2外国語での対応

    災害時対応としてポイントとなってくるのが外国語での対応の可否についてです。災害発生時に心細いのは訪日外国人も同じです。そのためそうした場面での英語での対策マニュアルを公開しているサービスを選ぶのが災害時対応のポイントとなるでしょう。こうした場面でどのような言い方をするのかといった点は自らのサービスごとに異なってきますので、ある程度はご自分のビジネスにあった災害時対応を考えておく必要があるでしょう。

  • ポイント3サービスの提供形式・範囲

    災害時対応で備えるべきものや対応は非常に多岐に渡ります。そのため、災害時対応サービスの提供形式や提供範囲も広範囲にトータルサポートするものや、ピンポイントな対応を提供するものなど様々となっており、定型のものがあまりないというのがこのサービスの特徴とも言えます。そのため、自身の業態や施設などの運用状況と必要なものや対応を照らし合わせ、どの範囲まで災害時対応をするのか、どのような対応をするのかを考えながら、これらの災害時対応サービスを比較検討するようにしましょう。

同じカテゴリのソリューション5件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
5件
同じカテゴリのソリューション5件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
災害時対応カテゴリの資料5件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 2件
多言語コールセンターサービス 通訳コンシェル119
観光危機管理
QR Translator
危機管理支援サービス
ほか5件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。