8138a5361d8e3332a46d7f894bbe28bf525fc15d

日本美食 Japan Foodie

利用規約に同意の上

弊社サービス上での取扱希望として承ります。

資料リクエスト

同じカテゴリの
ソリューション26件
※資料閲覧出来るソリューション 11件

他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

急増する観光客に"最高の日本食"を提供します

日本美食は、海外からの「訪日外国人観光客」を受け入れるためのインフラ整備のサポート、海外メディアの運用や予約代行による集客のサービスを提供しています。日本の食文化や作法など、日本の食や文化にまつわる情報だけでなく、 お得なクーポン等も、自社メディア、新浪ブログ、Wechatなど様々なチャネルで発信。中国でいま最も流行しているLIVE配信。 人気のインフルエンサーを起用したインフ ルエンサーマーケティングなどの実施も可能。さらに中華圏 No.1のグルメサービスである大衆点評などへの店舗登録、広告出稿に加えて、中国 No.1、世界第二位のオンライン旅行サービスCtripでコース販売なども可能です。

04e4c7c71a2bcfffda63fbbb294c88934f669c0c

同じカテゴリのソリューション26件
※資料閲覧出来るソリューション 11件

  • 5e6bb260b244704699ea9af796f88a8920dc76d3
  • A211a903a8e02e7df8d07645d255d591130ba734
  • D87db7d294c3c79beda09ca8b6b0c96ece39376f
  • D897fb09c5d499c9bcb926cbbe35d53c0561554c
  • ほか22件

他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

特徴

推奨会社規模

16-99名

導入までのリードタイム

3週間程度です。

運用サポート

お気軽にお問い合わせください。

基本ポイント

  • ポイント1デジタルメディア、紙媒体での展開

    自社メディア、新狼ブログ、Wechat、中国で人気が高まっているLIVE配信などのデジタルチャネルに加えて、ハイクオリティなビジュアルとコンテンツで情報を発信する紙媒体「日本美食マガジン」を組み合わせた運用が可能です。

  • ポイント2海外メディアの運用代行も可能

    海外飲食メディアでの店舗ページの作成、登録、コース予約の販売(事前決済)、クーポン券の販売(事前決済) 、チャットによるお客様対応など、企業様に代わり、 海外飲食メディアへの出稿・登録だけでなく 日々の運用も多言語で対応しています。

  • ポイント3充実のオプション

    オプションメニューとして、約50万人以上にアプローチ可能なインフルエンサーを活用した中華圏向けライブ配信、繁体字・簡体字といった中華圏対策用インバウンドホームページ作成、訪日外国人向けにイベント企画から運用実施するイベント企画など、豊富なオプションを取り揃えています。

プランと料金

要問合せ

同じカテゴリの
ソリューション26件
※資料閲覧出来るソリューション 11件

他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

よく比較されるポイント

比較表
対応言語(インバウンド主要国)

中国語簡体字、中国語繁体字

対応言語(合計)

2ヶ国語

月間訪問者数(SimilarWeb調べ)

媒体形式

自社メディア/アプリ/新狼ブログ/紙媒体

バナー広告

要問い合わせ

タイアップ広告

要問合わせ

運営元所在地

日本

導入実績

このソリューションを使っている企業

多数導入実績あり

よくあるご質問

  • 利用開始までの流れを教えて下さい

    お気軽にお問い合わせください。

  • 他社サービスと比較した時の特徴を教えて下さい

    インバウンドを受け入れるためのインフラ整備のサポート、海外メディアの運用や予約代行による集客のサービスを提供いたします。

同じカテゴリの
ソリューション26件
※資料閲覧出来るソリューション 11件

他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

提供会社

Ff4841f699c42db9c24c427088e677cb308fb4d2
会社名
日本美食株式会社
従業員規模
100-499 名
所在地
東京都港区西麻布1-8-9 バルビゾンビル40 3F-A

同じカテゴリの
ソリューション26件
※資料閲覧出来るソリューション 11件

他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。