券売機・自動販売機

訪日外国人でもわかりやすいように、多言語表示されている券売機や自動販売機が増えてきています。インバウンド取り込みの一歩としてインバウンド対策済みの券売機・自動販売機の導入を検討してみましょう。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

インバウンド市場の盛り上がりとともに、自動販売機や券売機においてもインバウンド対策が進んでいます。例えばデジタルサイネージ機能を持っており、訪日外国人向けコンテンツを表示したり販売商品を自動で切り替えたりするなどの高機能な自販機から、ボタン一つで言語を切り替えることができる券売機などが登場してきています。海外では自動販売機の普及が日本ほど進んでいないことから、一種の観光スポットと化しており、その活用に注目があつまっています。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1券売機・自動販売機の対応言語

    インバウンド対応券売機・自動販売機を導入する場合は、自身のビジネスのメインターゲットとなる訪日外国人の使用する言語に対応しているかどうかを確認しましょう。券売機・自動販売機によっては、カスタマイズすることで対応言語数を増減することが出来る場合もあります。

  • ポイント2券売機・自動販売機の販売可能商品

    近年では、パッケージの工夫により券売機や自動販売機が販売可能な商品が広がりを見せています。従来では、飲料の販売に使われることがほとんどでしたが、お菓子の販売が出来る機種が出てきたり、パッケージをボトル上にすることでTシャツを販売したりする事例も出てきており、券売機や自動販売機の活用可能性が広がりを見せています。

  • ポイント3券売機・自動販売機の機能・拡張性

    IoT(Internet of Things)、つまりセンサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みの普及により、券売機・自動販売機も「スマート化」が進んでいます。今やWi-Fiの提供や顔認識ができる券売機・自動販売機も登場してきています。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
6件
同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。