訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)

アリペイやwechatペイメントによるQRコードを使った決済手段。実はこうしたキャッシュレス決済は日本より中国、韓国のほうが進んでいます。小売店を中心にQR決済はもはや当たり前になっているため、日本でもQRコード決済に対応していない店舗は選ばれにくくなっています。訪日中国人、韓国人対策として早急な対応が必要と言えるでしょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)の資料を

無料でダウンロード

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)の概要

近年中国、韓国ではQRコードを使用したQRコード決済が一般化しています。QRコードを表示するディスプレイとカメラさえあれば、NFCの有無にかかわらず、すべてのスマートフォンや携帯電話で決済が行える。店舗側もQRコードを読み取るスマートフォンやタブレットを用意すれば良いなど、最小限の投資で携帯電話を使った決済システムを構築できる点が、その人気の秘密です。こうした決済が一般的という感覚の中国人、韓国人観光客にしっかり対応するためにも、早めの導入が肝心です。

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)のイメージ

30242adfd1a456f4bcc548b2e68c1b3cc3ef3bcb

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

導入の手軽さ

訪日中国人、韓国人に対応するには導入が必須とも言えるQRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)ですが、いざ新しい決済手段を導入するのは何かと手間がかかるもの。QRコードを読み取るリーダー、専用端末の設置、何かしらシステム上の対応が必要なのか、また導入に関わるサポートはあるのかなど、導入がいかに手軽ですぐ使えるかどうかは重要なポイントです。

Point2

価格はどうか

QRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)のサービスを導入するにあたって、気になるのはその価格です。QRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)システムの使用料や決済代行手数料、さらにはQRコードリーダー(読み取り端末)としてのスマホやタブレット、専用端末などが自前のものが使えるのか、買い取りなのか、リースなのかなども含めた料金体系についても選択のポイントとなります。

Point3

システムは安定しているか

QRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)決済代行システムのサーバが、どの程度安定して稼働するかは極めて重要です。日本にとってはアリペイやWeChatペイメントといったQRコード決済はまだ新しいものです。そのため、導入しようとしているQRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)代行システムを提供している企業の他の決済手段の展開などで、その信頼性などを確認すると良いでしょう。

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)の一覧

Next white

QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)の
資料を

無料で一括ダウンロード