調査・リサーチ(東南アジア)

インバウンド対策を行う上で訪日外国人のことをよく知ることは非常に重要です。まずはマーケティングの基本となるリサーチを専門としている企業に相談してみましょう。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

インバウンド対策をする上では、様々なデータを集めてターゲットとする国を選定し、そのターゲット国に関する調査・マーケティングをしていくことが必要になります。定量的で汎用的なデータとして、観光庁の訪日外国人消費動向調査、JNTOの外客数統計などがありますが、これらのデータだけでは欲しい情報にたどり着けなかったり、自身のビジネスにマッチした情報を得られなかったりするでしょう。そこで活用したいのが東南アジアを専門とした調査・リサーチ会社です。各調査・マーケティング会社が保有するリサーチリソースを活用したインターネット調査などで、次なるインバウンド施策の打ち手に活用することができます。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1台湾・香港市場での実績

    インバウンド対策として東南アジアに特化した調査・リサーチ会社を活用するのであれば、その調査・リサーチサービスが東南アジア各国の現地での調査もできるのか、インターネット調査のモニターに東南アジア人はいるのか、東南アジアの各国の言語にしっかりと対応可能なのかといった過去の実績をチェックしておきましょう。東南アジアに特化した調査・リサーチ会社として規模が大きければ大きいほど、手広く海外調査も対応できる場合が多くあります。

  • ポイント2調査・マーケティング手法

    東南アジアに特化した調査・リサーチ会社が提供する調査方法をしっかりと把握しておきましょう。それぞれの東南アジアに特化した調査・リサーチ会社が所有するモニター会員向けに、インターネット調査が出来たり、調査項目を作成し、オフラインでのアンケート調査が出来たり、また、そのアウトプットとしてのレポートも調査・リサーチ各社によって様々な形式を提供しています。

  • ポイント3調査・マーケティングレポートの納期

    インバウンドビジネスにまさしく乗り出した、というフェーズの場合、1日でも早く市場に参入し、インバウンド市場のシェアを獲得したいものです。何故ならば、インバウンド市場は比較的新しい市場であり、いまだ先発優位が働くためです。そのため、市場参入の決め手ともなる中国に特化した調査・リサーチにおいては、その中国に特化した調査・リサーチサービスが調査を納品する納期についてもチェックしておく事が重要で、これが中国に特化した調査・リサーチ会社を選ぶ上でのポイントになります。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
6件
同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件