訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

サイト多言語化ツール

サイトを一から多言語化しようと思うと、多額のコストが必要になります。お手軽に自社のサイトを多言語化するツールを使って予算を抑えつつ、充実したWEBサイトにしましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

サイト多言語化ツールの資料を

無料でダウンロード

サイト多言語化ツールの概要

インバウンド対応の集客施策として重要なのが、WEBサイトの多言語化です。観光庁の「訪日外国人消費動向調査」の2016年版によれば、全訪日外国人観光客のうち64.5%が旅行情報源としてインターネット(スマートフォン)が役に立ったと回答しています。サイト多言語化ツールをサイトに導入すると簡単に対応言語への翻訳が完了します。サイト多言語化ツールの中には検索エンジンのクローラーにも多言語化対応していると思わせるサイト多言語化ツールもあります。

サイト多言語化ツールのイメージ

8d6726ece2884208de7a2f6509879435e298abc5

サイト多言語化ツールを選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

機械翻訳か人力によるものか

サイトのヘッダー部分にコードを入力するだけで翻訳を自動で行ってくれるサイト多言語化ツールですが、翻訳の仕方には機械による翻訳と人力による翻訳から選べるものがあります。機械のみによるサイト多言語化ツールの場合、見かけ上はしっかりと翻訳と出来ているように思えても実は細かい部分がネイティブの目から見るとおかしい場合もあります。そうした場合は人力での翻訳にも対応しているサイト多言語化ツールを選ぶと良いでしょう。

Point2

SEO対策も同時に可能なのか

サイト多言語化ツールの中には検索エンジンのクローラーにも多言語化対応が完了していると認識させることが出来るもの、検索エンジンのクローラーに多言語化対応が完了していると認識させることが出来ないものが存在します。せっかく多言語化対応をするのであれば、SEO的にもしっかりと対応が出来ているサイト多言語化ツールを選んだほうが良いでしょう。

Point3

料金体系

サイト多言語化ツールの中には、多言語化するツール部分だけの提供をし、翻訳文は自前で用意するものと、翻訳作業も提供するものに大別されます。またその翻訳方式はPoint1でも解説したとおり、機械翻訳と人力翻訳のものがあり、これらによって料金体系とコストは大きく異なります。これらのトータルコストを考慮した上で、サイト多言語化ツールを比較検討すると良いでしょう。

サイト多言語化ツールの一覧

Next white

サイト多言語化ツールの
資料を

無料で一括ダウンロード