サイト多言語化ツール

インバウンド対応の集客施策の一つとして、WEBサイトの多言語化も重要なものの一つとして挙げられます。WEBサイトの多言語化に必要な作業は大きく分けて「翻訳」と「システム開発」です。しかしながら1から全てを構築する場合、多くの人件費とコストがかかってしまいます。そこで注目されているのが”サイト多言語化ツール”です。ツールを自社サイトに導入するだけで、簡単に対応言語への翻訳が完了します。予算を抑えつつ、インバウンド向けに自社サイトを充実させられるうれしいサービスと言えます。サービスを選定される際には、「機械による翻訳なのか、人力による翻訳なのか」「SEO的な対策が可能なツールなのか」といったところをポイントに比較検討してみてください。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

インバウンド対応の集客施策として重要なのが、WEBサイトの多言語化です。観光庁の「訪日外国人消費動向調査」の2016年版によれば、全訪日外国人観光客のうち64.5%が旅行情報源としてインターネット(スマートフォン)が役に立ったと回答しています。サイト多言語化ツールをサイトに導入すると簡単に対応言語への翻訳が完了します。サイト多言語化ツールの中には検索エンジンのクローラーにも多言語化対応していると思わせるサイト多言語化ツールもあります。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1機械翻訳か人力によるものか

    サイトのヘッダー部分にコードを入力するだけで翻訳を自動で行ってくれるサイト多言語化ツールですが、翻訳の仕方には機械による翻訳と人力による翻訳から選べるものがあります。機械のみによるサイト多言語化ツールの場合、見かけ上はしっかりと翻訳と出来ているように思えても実は細かい部分がネイティブの目から見るとおかしい場合もあります。そうした場合は人力での翻訳にも対応しているサイト多言語化ツールを選ぶと良いでしょう。

  • ポイント2SEO対策も同時に可能なのか

    サイト多言語化ツールの中には検索エンジンのクローラーにも多言語化対応が完了していると認識させることが出来るもの、検索エンジンのクローラーに多言語化対応が完了していると認識させることが出来ないものが存在します。せっかく多言語化対応をするのであれば、SEO的にもしっかりと対応が出来ているサイト多言語化ツールを選んだほうが良いでしょう。

  • ポイント3料金体系

    サイト多言語化ツールの中には、多言語化するツール部分だけの提供をし、翻訳文は自前で用意するものと、翻訳作業も提供するものに大別されます。またその翻訳方式はPoint1でも解説したとおり、機械翻訳と人力翻訳のものがあり、これらによって料金体系とコストは大きく異なります。これらのトータルコストを考慮した上で、サイト多言語化ツールを比較検討すると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
10件
同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
サイト多言語化ツールカテゴリの資料10件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 3件
自動翻訳プラットフォーム
MapFan API
ホームページ翻訳サービス
Spoke
ほか10件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。