訪日台湾人・香港人向けメディア

訪日台湾人・香港人市場は中国に次ぐマーケット規模があり注目を集めています。日本人からは香港人・台湾人も「中国人」と一括りにされてしまいがちですが、そもそも言語が香港・台湾では「繁体字」、中国では「簡体字」と違っており、また文化や国民性も全く違うため、訪日香港人・台湾人をターゲットにする場合は、これらの訪日台湾人・香港人向けメディアを活用すると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

こうしたメディアに露出を増やすことで、まずは認知してもらうことが可能となりますが、そこから集客に実際につなげるには、どういう形で露出をするのか?というノウハウが必要になります。こうした点を色々と聞くことが出来るという意味でも、こうしたインバウンドメディア専業のサービスの話を聞いてみることが重要です。

同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1実際に訪日台湾人、香港人に知られているか

    台湾や香港ではブログ文化が強く、訪日旅行の情報収集においてもネット上の情報を重視する傾向があります。そのため、訪日台湾人・香港人向けインバウンドプロモーションにおいては訪日台湾人・香港人向けメディアの活用が効果的であると言えます。親日傾向の強い台湾・香港では日本を特集したWEBサイトやメディアが数多くあり、その中でもどれだけの知名度を持っているかは、訪日台湾人・香港人向けメディア選択におけるポイントの1つになります。

  • ポイント2メディアのコンテンツの内容

    訪日台湾人・香港人向けメディアとしてどのようなジャンルに注目しているかにも注意が必要です。例えば、オタクカルチャーを中心としたコンテンツを展開する訪日台湾人・香港人向けメディアに"匠の技が光る包丁"の記事広告を出しても効果はあまり見込めないでしょう。その訪日台湾人・香港人向けメディアが実際にどのようなジャンルを得意としているのか、どのような記事や口コミが多いのかなどを見極める事が必要です。

  • ポイント3メディアのPV・伸び率

    メディアの現状のPVや伸び率は、特にメディアでのバナー広告出稿を考えている場合には重要な指標になります。単純にPVが多ければ多いほどリーチする対象が増えます。また、インバウンド市場の盛り上がりによって人気のメディア・不人気のメディアが別れはじめています。広告出稿などを検討している訪日台湾人・香港人向けメディアが提供する資料などでPVや、その伸び率などを把握すると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
24件
同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション24件
※資料閲覧出来るソリューション 12件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
訪日台湾人・香港人向けメディアカテゴリの資料24件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 12件
日本必買.com
TAX-FREE SHOPPING GUIDE
旅マエ ✕ 旅ナカ プロモーション
「LIKE JAPAN」(ライクジャパン)
ほか24件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。