訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

海外向けダイレクトマーケティング

海外の訪日旅行潜在層にアプローチしたい場合は、海外向けダイレクトマーケティングを検討するのが良いでしょう。サービス事業者ごとに様々なサービスが存在しますので、ご自身のビジネスにあったものを選びましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

海外向けダイレクトマーケティングの資料を

無料でダウンロード

海外向けダイレクトマーケティングの概要

さらに多くの訪日外国人観光客を呼び込みたいと思った時に、ダイレクトに日本旅行を考えている外国人を対象にリーチしたほうが効率が良いのは当然です。海外の日本好き、訪日旅行潜在層にリーチする事が出来れば、よりプロモーションとしての効果は高いと言えるでしょう。オプトインで顧客情報を集めるもの、会員カード、ポイント発行などで顧客を囲い込むもの、サンプリングを行うものなど、サービス提供事業者ごとに、どのような形で海外の日本好き、訪日旅行潜在層にアプローチ出来るかが異なってきますので、ご自身のビジネスに合った形のサービスを選択するのがポイントです。

海外向けダイレクトマーケティングのイメージ

11c06db3c1ad9bbc8b957bfb09966f97b97d1925

海外向けダイレクトマーケティングを選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

どのような国にリーチ出来るのか?

海外市場に直接リーチ出来るといっても、どのような国にリーチ出来るのかによって選択するサービスは異なってきます。特定の国や地域の消費者の行動様式に特化したサービスなのか、例えばアジア圏、ASEAN圏に強いサービスなのかなど、実際にどのような国や地域にリーチしたいのかによってサービスを選択することが重要です。

Point2

どうやって海外市場にリーチするのか?

海外市場の消費者にリーチ出来ることが特徴の海外向けダイレクトマーケティングですが、そのリーチ方法は様々です。オプトインで顧客情報を集めるもの、サンプリングを実施して顧客にリーチするもの、会員カードやポイントの付与によって顧客の囲い込みを狙うもの、既存の利用者の友達紹介で広がっていくものなど、現在はダイレクトマーケティングという概念そのものが新しくなっています。自社に最適な形のマーケティング手法を見極める事が重要です。

Point3

海外市場に関する知識、実績

これからマーケティングを行おうとする国や地域に関する知識を持っていること、実績があることは非常に重要です。日本の常識、慣習、消費行動が当てはまらない海外市場だからこそ、国ごとの消費者動向を把握していること、その国で流行している現象、競合を含めたサービス、アプリなどを熟知していること、宗教対応も含めた豊富な知識があることなどが選定の基準となるでしょう。

海外向けダイレクトマーケティングの一覧

Next white

海外向けダイレクトマーケティングの
資料を

無料で一括ダウンロード