バイリンガル採用・派遣

訪日外国人がよく訪れる小売店や飲食店などのお店なら、言語や文化の分かるバイリンガルの人を採用することで訪日外国人へのおもてなしレベルをアップすることができます。

最近は様々な翻訳ツール、指差し会話ツールなども登場していますが、日本語も話せ、なおかつ訪日外国人とも彼らの母国語で会話して接客が出来るバイリンガル人材のニーズは高くなっています。また、言語が話せるだけではなく、その国の文化や風習も理解した上で上質な接客が出来る人材は、国際会議、V.I.P対応などにも欠かせません。

同じカテゴリのソリューション3件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

最近は様々な翻訳ツール、指差し会話ツールなども登場していますが、日本語も話せ、なおかつ訪日外国人とも彼らの母国語で会話して接客が出来るバイリンガル人材のニーズは高くなっています。また、言語が話せるだけではなく、その国の文化や風習も理解した上で上質な接客が出来る人材は、国際会議、V.I.P対応などにも欠かせません。

同じカテゴリのソリューション3件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1何言語話せる人材なのか?

    バイリンガルというと基本的に2言語が話せるということになりますが、人材によっては複数言語であれば日常会話レベルでのコミュニケーションが可能な人材も存在します。そのような人材が揃っているかどうかも選定のポイントとなります。

  • ポイント2そのサービスにはどの程度の登録人数がいるのか?

    引く手あまたのバイリンガル人材ではありますが、実際問題として、当該サービスに何名のバイリンガルが登録しているのか?何人がすぐに稼働出来るのか?なども選択のポイントになるでしょう。

  • ポイント3実績があること

    バイリンガル人材の採用、派遣に関して重要になるのが実績です。過去に何名程度の人材を紹介しているのか、業界的な動向はどうなのか?などといった情報をしっかりと把握しているなども重要になります。逆にいうと、これらの実績数値がはっきりしない業者に関してはバイリンガル人材の採用・派遣を検討するにあたっては少し心配になるのも事実と言えるでしょう。

同じカテゴリのソリューション3件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
3件
同じカテゴリのソリューション3件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
バイリンガル採用・派遣カテゴリの資料3件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 2件
マースジャパン インバウンドサービス
人材サービス
おもてなしクルー(元CA経験者を派遣)
ほか3件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。