おさえておくべき民泊に関連する3つの日本の法制度

民泊事業者は必ず知るべきここ数年の流れ

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

Ceacb23d7f77c31dead3e769e5d3e2305617ec37

今や300万人以上の訪日外国人観光客が利用する民泊サービスですが、その急激な成長とともに、日本では様々なトラブルが発生し、また法整備に関する議論が活発化していきました。その解答として、2017年には民泊新法が閣議決定され、2018年には施行される予定です。ここで、日本の民泊サービスに関連する法律や制度の歩みについて見ていきましょう。

レポート詳細

8eeed0018f2c4168fd25bb8afd4b3acb7794af4e

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

コンテンツ

  • はじめに
  • そもそも民泊とは
  • 民泊に関連する3つの法律・制度
  • 民泊に関連する法律・制度その1:旅館業法
  • 民泊に関連する法律・制度その2:民泊特区
  • 民泊に関連する法律・制度その3:民泊新法
  • 合法的に民泊ビジネスを行なうには?
  • おわりに
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。