コト消費とは?

インバウンドの消費対象がサービスや体験に移行

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

2988bf448526f490bbcd81a761dde642cc134210

インバウンド消費の傾向は、高価なモノを消費・所有することに価値を見出す「モノ消費」から、サービスや体験を重視し、日本でしか出来ないことに価値を見出す「コト消費」へのシフトが進みました。「コト消費」とは何なのか、なぜ「コト消費」が話題になったのかを見ていきましょう。

レポート詳細

36df347961d9dfd9421a2fe0d518386954122553

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

コンテンツ

  • はじめに
  • コト消費とは:モノ消費からのシフト
  • インバウンドにおけるコト消費
  • データから見るコト消費へのシフト1:「爆買い」が衰退
  • データから見るコト消費へのシフト2:体験へのシフト
  • コト消費の事例・対策1:聖地巡礼(アニメツーリズム)
  • コト消費の事例・対策2:農泊(グリーンツーリズム)
  • コト消費の事例・対策3:ファムトリップ
  • おわりに
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。