インバウンド調査報告書2020[ 2019年上期のデータから2020年上期を展望する ]サンプル版

変化の激しいインバウンド市場を膨大なデータから分析!

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

23a005258cabd360b28f9434834920531fa9a5f3

本報告書では、観光庁やJNTOなどが提供する公的なデータ、NAVITIME社からのデータ協力、そして訪日ラボが蓄積する知見やノウハウを駆使し、2019年上期のインバウンド市場を - 市場全体データから分析するインバウンドの現在 - 都道府県別インバウンドデータに見るトレンドと課題 - 国籍別インバウンドデータに見るトレンドと課題 - 業界別インバウンド市場ニュースと事例 - インバウンド対策サービス一覧 という5つの視点から分析し、2020年上期を展望しています。 また、変化の激しいインバウンド業界を俯瞰し、トレンドを見渡せる調査報告書となっています。

レポート詳細

E10ade734d84238031e812bb64f4f84867969aba

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

コンテンツ

<<構成・各章の概要>>

第1章の「市場全体データから分析する インバウンドの現在」では、訪日者数や消費金額総額等のマクロデータに加え、業界を支える事業者へのアンケートも交え、インバウンドの現在の趨勢についてまとめています。

第2章の「都道府県別インバウンドデータに見る トレンドと課題」では、全国47都道府県を9エリアに分け、県別に各種の公的データを集計。また、株式会社ナビタイムジャパン提供のインバウンドGPSデータによる宿泊者数や移動者数のデータも収録し、外国人訪問者の動向と消費の詳細がわかるデータとしてまとめています。

第3章「国・地域別インバウンドデータに見る トレンドと課題」では、政府の指定する重点市場20カ国について、各種データを集計し、各国の訪問動向と消費内訳がわかるようにまとめています。どの月に、どの県へ訪問、宿泊がなされ、何を期待して訪日したのか。また、どの費目に、より多くの消費されたのか。次のインバウンド対策に向けてデータを分析しています。

第4章「業界別インバウンド市場ニュースと事例」では、2019年1-6月期において訪日ラボの人気記事を業界ごとにリストアップし、それらをPVの大きかった順に並べ、キーワードを抽出しています。メーカー、交通、宿泊、小売、そして地方自治体のニュースについて、どの記事が注目を集め、話題となったのか。業界ごとに分析、解説しています。

第5章「インバウンド対策ソリューション企業一覧」では、インバウンド向けに受け入れ対応したい・プロモーションしたい事業者をサポートする、インバウンド対策サービスをまとめ、リストアップしています。

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。