QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)

アリペイやwechatペイメントによるQRコードを使った決済手段。実はこうしたキャッシュレス決済は日本より中国、韓国のほうが進んでいます。小売店を中心にQR決済はもはや当たり前になっているため、日本でもQRコード決済に対応していない店舗は選ばれにくくなっています。訪日中国人、韓国人対策として早急な対応が必要と言えるでしょう。

同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

近年中国、韓国ではQRコードを使用したQRコード決済が一般化しています。QRコードを表示するディスプレイとカメラさえあれば、NFCの有無にかかわらず、すべてのスマートフォンや携帯電話で決済が行える。店舗側もQRコードを読み取るスマートフォンやタブレットを用意すれば良いなど、最小限の投資で携帯電話を使った決済システムを構築できる点が、その人気の秘密です。こうした決済が一般的という感覚の中国人、韓国人観光客にしっかり対応するためにも、早めの導入が肝心です。

同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1導入の手軽さ

    訪日中国人、韓国人に対応するには導入が必須とも言えるQRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)ですが、いざ新しい決済手段を導入するのは何かと手間がかかるもの。QRコードを読み取るリーダー、専用端末の設置、何かしらシステム上の対応が必要なのか、また導入に関わるサポートはあるのかなど、導入がいかに手軽ですぐ使えるかどうかは重要なポイントです。

  • ポイント2価格はどうか

    QRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)のサービスを導入するにあたって、気になるのはその価格です。QRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)システムの使用料や決済代行手数料、さらにはQRコードリーダー(読み取り端末)としてのスマホやタブレット、専用端末などが自前のものが使えるのか、買い取りなのか、リースなのかなども含めた料金体系についても選択のポイントとなります。

  • ポイント3システムは安定しているか

    QRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)決済代行システムのサーバが、どの程度安定して稼働するかは極めて重要です。日本にとってはアリペイやWeChatペイメントといったQRコード決済はまだ新しいものです。そのため、導入しようとしているQRコード決済(アリペイ・WeChatペイメント)代行システムを提供している企業の他の決済手段の展開などで、その信頼性などを確認すると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
14件
同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)カテゴリの資料14件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 2件
pCAT
モバイル決済 for Airレジ
Origami Business
ウィチャットペイメント・パッケージ
ほか14件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。