民泊許認可代行(専門士業)

民泊新法の施行によって民泊ホストも民泊新法に対応しなくてはなりません。許認可の申請など、民泊に関する法的な部分を専門の士業の方に相談して備えましょう。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

従来から民泊に関する法律・制度は旅館業法や、民泊特区制度がありましたが、民泊新法の登場で、Airbnbなどを使った民泊も許認可を申請・取得し安全に運用する流れが強くなってきています。民泊新法に関連し、旅館業法が改正され、罰金も高額になった今こそ、適法な民泊が重要になってきています。そこで活用したいのが民泊の許可申請を行なってくれる、行政書士や許可申請を代行する業者です。年々目まぐるしく制度が変わっていく民泊において、関連法律・制度に詳しい専門家による民泊許認可代行のニーズが高まってきています。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1民泊許認可申請代行の対応エリア

    民泊許認可代行業者は民泊が盛んなエリア、特に東京・大阪の民泊特区に指定されているエリアに事務所を構えているケースが多くあります。自身が民泊運用をしている・開始しようとしているエリアでも許認可申請の代行をしてくれるかをチェックしましょう。

  • ポイント2民泊許認可申請代行の料金

    民泊の許認可申請にかかる公的な料金は別として、その許認可申請代行にかかる費用は、民泊許認可申請代行業者によってことなります。業者によってノウハウが異なるため、実績と照らし合わせて料金を比較・判断すると良いでしょう。

  • ポイント3民泊運用代行サービスなどを提供しているか

    民泊許認可代行業者が、併せて民泊運用代行や民泊コンサルティングサービスを提供している場合があります。業者によっては、民泊許認可代行の依頼とセットで運用代行も依頼すると、料金が割引になったりするので、このようなサービスがあるかどうかもチェックしましょう。

同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
6件
同じカテゴリのソリューション6件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。