訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

民泊運用代行

民泊を行う上での、面倒な手続きや運用業務をまるごと代行してくれる会社が数多くあります。料金体系や対応範囲などの特徴をよく理解して物件にあった運用を目指しましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

民泊運用代行の資料を

無料でダウンロード

民泊運用代行の概要

近年、インバウンド需要による宿泊施設不足が進むに連れ、Airbnbなどを活用した民泊サービスを運用するビジネスの人気が高まってきています。しかしながら、民泊サービスは運用に手間がかかりがちで、例えばゲストとのやり取りや鍵の受け渡し、チェックアウト後の清掃、更には収益計算など、面倒なことが多く、1人で片手間運用するには無理があります。そこで登場したのが民泊運用代行サービスです。民泊運用代行サービスは、民泊に関わる運用業務を一手に引き受けて代行してくれます。そのため民泊ホストは、民泊運用代行業者を活用することで、運用フィーがかかるものの手放しで売上をあげることができます。

民泊運用代行のイメージ

Fe2b4feba841e53546a9e1daed244d5736195f2f

民泊運用代行を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

民泊運用代行の信頼性

民泊運用代行業者を選ぶ上で最初に必ずチェックしておきたいのが、その会社の信頼性です。民泊運用代行サービスを提供する会社の多くは新興企業であることが多く、長期に渡ってパートナーとして付き合っていけるだけの信頼性があるかどうかは必ず確認するようにしましょう。その指標として、現在の運用代行件数や実績がどの程度あるのかも一つのポイントとなります。

Point2

民泊運用代行のサービス内容

民泊運用代行サービスには、民泊許可物件の紹介からAirbnbリスティングページの作成代行、価格調整、ゲストメール対応、民泊クリーニングなど様々な作業があり、検討している民泊運用代行業者が、どこからどこまでをサービスとして提供しているかを確認するようにしましょう。

Point3

民泊運用代行サービスの料金体系

民泊運用代行にかかる料金も非常に重要なポイントになります。民泊運用代行サービスの多くは、基本料金を「売上に対して◯%」と、売上に対する利率で設定しています。また、付随して単発で料金が発生するオプションサービスも提供していることが多く、このような料金体系の把握はもちろんのこと、検討している民泊運用代行業者に実際に依頼した場合の売上と代行手数料のシミュレーションをしておくことが重要です。

民泊運用代行の一覧

Next white

民泊運用代行の
資料を

無料で一括ダウンロード