インバウンドデータ(SNSデータ)

インバウンドマーケティングにおいては、様々なデータ収集・分析に基づいて意思決定をしていくことが非常に重要になります。定量的で汎用的なデータとして、観光庁の「訪日外国人消費動向調査」やJNTOの「外客数統計」などがあります。しかしながら、これらのデータはあくまでも汎用的なものであり、近年のインバウンド市場の盛り上がりに比例して、より専門的かつ詳細なインバウンドデータへのニーズが高まっています。そうした中で有効なデータの1つとして「SNSデータ」が挙げられます。サービスを選ぶ際には、「どのSNSを専門としているのか」「最新のSNSに対しての知識量」などが選定ポイントになってきます。またサービスによって提供形式も異なりますので、自身のデータ活用シーンに合わせて選ぶことも重要です。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

インバウンドマーケティングをしていくには様々なデータを集めて意思決定していくことが非常に重要になります。定量的で汎用的なデータとして、観光庁の訪日外国人消費動向調査、JNTOの外客数統計などがあります。しかしながら、これらのデータは大枠の動向を把握するには素晴らしいデータであるものの、あくまでも汎用的なものであり、近年のインバウンド市場の盛り上がりから、専門的、かつ詳細なインバウンドデータのニーズが非常に高まっています。例えば、SNSの利用データを利用することで、ユーザーが特定の観光地でどのようなアクティビティをしていたのか?どのような事を感じたのかを分析することが可能です。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1データ取得できるSNSの国籍

    インバウンドマーケティングとしてインバウンドデータを活用する場合は、既にある程度自身のビジネスでターゲットとする国が決まっていることかと思います。とすると、自ずとその国でメインとなっているSNSが決まり、データとして取得したい対象のSNSの種類が決まります。比較・検討するインバウンドデータサービスがSNSの利用データに強い場合、特にどのSNSの利用データに詳しいのか、最新のSNS事情に明るいのかなどが選択のポイントになります。

  • ポイント2インバウンドデータのソース・取得方法

    インバウンドデータサービスによって、そのデータのソースや取得方法は様々です。「SNSの利用データ」からインバウンドデータを生成するサービスの場合、そのデータをどのような形で分析しているのか?また分析した内容が視覚的にもわかりやすいようなツールで利用出来るのか?といった点がインバウンドデータサービスを選ぶ上でのポイントとなるでしょう。

  • ポイント3インバウンドデータの提供形式

    インバウンドデータサービスによって、そのデータの提供形式も異なります。サービスによってはSNSデータの情報からグラフなどでデータを参照できるもの、SNSデータの実数値をエクセルやCSVでダウンロードできるインバウンドデータサービスもあります。例えば、インバウンドデータをもとに、マーケターが更なる分析をしたい場合は、こうしたSNSデータをダウンロードできることは必須の機能と言えます。自身のデータ活用シーンと、各サービスの提供形式を考慮すると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
7件
同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。