宿泊施設予約サイト

訪日外国人がよく使う宿泊施設予約サイトへの登録は、ホテルや旅館などの宿泊施設のインバウンド対策の基礎となります。自社を掲載する宿泊施設予約サイトを選びましょう。

同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

特にインバウンドにおいては、ホテルの公式WEBサイトでの予約システムだけでは訪日外国人観光客へのリーチが難しいと言えます。なぜなら、ただでさえ訪日旅行の準備に忙しくなる旅マエにおいて、個々の宿泊施設のWEBサイトを比較する時間がないためです。もちろん、ある程度ホテルの絞り込みをある程度した後に精査する際には個々のWEBサイトにアクセスしうるので、多言語化が無駄になるわけではありません。しかしながら、まずは「知ってもらう」ためにも、海外OTA(OnLINE Travel Agency:オンライン旅行会社)を始めとした宿泊施設予約サイトへの登録が重要になってきます。

同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1多言語対応しているか(国内ホテル予約サイトの場合)

    ホテル予約サイトへの導入ハードルが低いのは国内のホテル予約サイトでしょう。営業が来てくれたり、問い合わせなどのやり取りも日本語でできたりします。その際に注意したいのが、検討しているホテル予約サイトがターゲットとなる国向けの多言語展開をしているか否かです。

  • ポイント2日本語対応しているか(海外ホテル予約サイトの場合)

    逆に、海外OTAなどのホテル予約サイトの場合、訪日外国人観光客へのリーチが効率的に出来る一方、導入ハードルが多少高くなります。その際、日本語のWEBサイトが用意されているか、問い合わせ窓口は日本語対応しているかどうかをチェックしましょう。もちろん、英語での対応に問題がない場合はこの限りではありません。

  • ポイント3ホテル予約サイトの送客手数料

    ホテル予約サイトのビジネスモデルは、ホテル予約サイト内に宿泊施設やその空室を掲載し、サイト内で予約が成立した場合に送客手数料が発生する、といったものです。おおよその傾向として、国内OTAと比較して海外OTAのほうが送客手数料は高めになる傾向があります。

同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
14件
同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
同じカテゴリのソリューション14件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
宿泊施設予約サイトカテゴリの資料14件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 1件
agoda
トリバゴ
Booking.com
宿泊施設向け予約管理サービス TEMAIRAZU
ほか14件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。