渡航制限緩和の動き 2020/10/26現在

主要20市場まとめ

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

Ff9501bc067a6eb7d460ce3a4cdc22ce34d6c864

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、各国において海外からの渡航者に対する入国拒否や入国制限の措置が取られてきました。 観光のみならずビジネスにおける往来にも制約がある状況ですが、少しずつ制限緩和に向けた動きがみられます。 日本では、渡航制限緩和の第一弾の対象国としてベトナム・タイ・ニュージーランド・オーストラリアとの協議が進めてきました。 さらに第二弾としては中国・韓国・台湾などを含む10ヶ国との交渉に入ることが明らかになっています。 今回のレポートでは、政府による制限緩和の内容と現時点での主要各国との往来の状況をまとめています。

レポート詳細

Acd0e3e03a963ae8a2396914b8cfbf1a4db02040

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

コンテンツ

-はじめに -制限緩和に向けて①段階的措置 -制限緩和に向けて②条件を含む2つのスキーム -東アジア -東南アジア・南アジア -ヨーロッパ -北米豪 -入国制限緩和の動き 時系列 -おわりに

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。