“インバウンド×Googleマップ“集客術【基本編】

知らないと損する!“インバウンド×Googleマップ”集客術【基本編】

    利用規約に同意の上

    ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

    Eadfa7afbae663f32fb7f877529c9dd81b538c61

    コロナ禍の現在、インバウンドの誘客は難しい状況にあります。インバウンド対策を今から始めるということに疑問をお持ちの方もいるかもしれません。 しかし誰も対策していない今のうちから対策を始めることで、インバウンドが回復したその時、競合店よりも優位に立つことができるはずです。 今からできるインバウンド対策としておすすめなのが、“インバウンド×Googleマップ”集客です。 本資料を活用して、できることからGoogleマップのインバウンド対策を始めてみませんか?

    レポート詳細

    2356fd1048e2532d64ee606239302f30762060f0

    利用規約に同意の上

    ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

    コンテンツ

    インバウンド対策でGoogleマップが重要なワケ 1.圧倒的なユーザー数 2.口コミの多言語対応が自動でできる 3.国内の集客と同時に取り組める

    自分の施設が海外の言語でどう表示されているか見てみよう

    施設の「オーナー登録」をしよう

    Googleマップのインバウンド集客3つのポイント 1.Googleマップでは、自動翻訳される情報とされない情報がある 2.店舗・施設名を多言語で設定するには? 3.多言語キーワードの検索結果に自分の施設を表示させるには?

    まとめ

    貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
    完全成果報酬
    初期費用無料
    掲載費用無料
    訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
    訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。