ウォーターサーバー

水道水を直接飲む文化のない訪日外国人にとって、ウォーターサーバーはありがたく、民泊施設にウォーターサーバーを置くケースがふえてきています。施設にあったウォーターサーバー会社を選びましょう。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

ウォーターサーバーはホテルや旅館といった宿泊施設や民泊のホスピタリティとして再注目を浴びています。特に民泊の運用においては、ウォーターサーバー業者が定期的に民泊施設まで新鮮な水を常に届けてくれるというシステムが非常にマッチします。さらには、海外では水道水を飲むという習慣がないのでウォーターサーバーの必要性が再認識されており、他民泊物件との差別化として注目をあつめています。訪日外国人観光客を迎える民泊を考えている場合、定期的にペットボトルの水を補充するよりも、キッチンならキッチンに1台ウォーターサーバーを置いておくだけで大変喜ばれ、また運用も楽になるでしょう。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1ボトルの大きさ

    ウォーターサーバーのボトルの大きさについては7L〜8Lを使用するもの12L前後のボトルを使用するウォーターサーバーとに大別されます。ウォーターサーバー自体の大きさは大差ありませんが、ボトルの大小によっては、女性ではボトルの交換が難しかったり、すぐに水が無くなってしまったりというような問題も出てきます。どのようなボトルを使用したいのかも考えてウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

  • ポイント2ボトルのタイプ

    ウォーターサーバーのボトルには自宅から週に1度回収し、洗浄して再利用する「回収型」ボトルと、使い捨てのパックやボトルで届く「ワンウェイ型」の2種類があります。ワンウェイ型なら、ウォーターサーバーの大きな空ボトルを回収日まで保管しておく必要もありません。そういった場合はウォーターサーバーに使用するボトルは「ワンウェイ型」のほうが良いでしょう。

  • ポイント3配送システム

    ウォーターサーバーのボトルの配送に関しては、その会社から自社の配送スタッフによって直接ウォーターサーバーのボトルが配送されるタイプと、宅配便で配送されるタイプとがあります。回収型のウォーターサーバーボトルの場合、毎週決まった曜日など回収日や曜日を指定されるケースもありますが、宅配便配送のウォーターサーバーサービスであれば不在時に再配達対応もできて安心です。

同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
10件
同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
同じカテゴリのソリューション10件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。