ビザ申請代行(専門士業)

接客の現場で訪日外国人を採用する際に必要なのはビザです。面倒なビザ手続きを代行してくれる会社を選びましょう。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

ビザ申請代行(専門士業)が必要になってくるシーンとして最も多いのは、インバウンド対応のために外国人社員を採用する際でしょう。当然ながら短期ビザで入国している外国人にアルバイトで手伝ってもらうなどは違法になりますので、知り合いの外国人旅行者などから善意で翻訳、ガイドなどを手伝おうか?などと言われて、アルバイトとして働かせてしまうと違法になるという事はしっかりと認識しておきましょう。こうした外国人を労働力として採用する際は、やはりその道のプロに意見を聞くのが安全で確実です。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1実績があること

    ビザ申請代行(専門士業)において最も重要なのは実績があることです。ビザ申請はしっかりとルールに則って申請し、国から許可を得るというプロセスのため、過去にどの程度、もしくは年間に何件程度のビザ申請代行を行ない、どの程度が許可されたのかといった実績が多いにこした事はありません。逆に言うと、こうした具体的な数値を明らかではない、問い合わせをしても明らかにしない業者に関しては、比較の優先度を下げるか、対象から外したほうが良いでしょう。

  • ポイント2費用が安いこと

    ビザ申請代行(専門士業)は専門的な知識、最近のトレンドなどを知っている必要がありますが、その気になれば個人レベルで申請が出来ないものでもありません。ビザ申請代行を選ぶ際はあくまでも常識的な価格の業者であること、ビザ申請代行は難易度が高く素人には絶対無理です。といった言い方で値段を釣り上げようとしている業者ではなく、しっかりとこういった内容にこれだけ費用がかかるといった説明をしてくれるビザ申請代行を選ぶようにしましょう。

  • ポイント3その他のサポート

    ビザ申請代行(専門士業)はあくまで申請が通ったらそこで終わりという類のものです。しかしながら、サービスを利用する際のサポート内容として、全体のプロセス、どのようなケースで審査が通らないのかなどの具体的事例をしっかりと公開してくれたり、申請中や採用後のフォローアップなどが充実しているビザ申請代行サービスのほうが安心感があります。ビザ申請代行サービスを選ぶ際は、こうした実際のサポート内容も比較しながら選定を進めると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
7件
同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
閉じる
ビザ申請代行(専門士業)カテゴリの資料7件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 1件
法人向けビザ申請サービス
外国人の就労ビザ申請代行センター
外国人社員来日トータルサポート
one visa(ワンビザ)
ほか7件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。