訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

券売機・自動販売機

訪日外国人でもわかりやすいように、多言語表示されている券売機や自動販売機が増えてきています。インバウンド取り込みの一歩としてインバウンド対策済みの券売機・自動販売機の導入を検討してみましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

券売機・自動販売機の資料を

無料でダウンロード

券売機・自動販売機の概要

インバウンド市場の盛り上がりとともに、自動販売機や券売機においてもインバウンド対策が進んでいます。例えばデジタルサイネージ機能を持っており、訪日外国人向けコンテンツを表示したり販売商品を自動で切り替えたりするなどの高機能な自販機から、ボタン一つで言語を切り替えることができる券売機などが登場してきています。海外では自動販売機の普及が日本ほど進んでいないことから、一種の観光スポットと化しており、その活用に注目があつまっています。

券売機・自動販売機のイメージ

6e1a3c68c91520aaa5e01e556561ec15b4792042

券売機・自動販売機を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

券売機・自動販売機の対応言語

インバウンド対応券売機・自動販売機を導入する場合は、自身のビジネスのメインターゲットとなる訪日外国人の使用する言語に対応しているかどうかを確認しましょう。券売機・自動販売機によっては、カスタマイズすることで対応言語数を増減することが出来る場合もあります。

Point2

券売機・自動販売機の販売可能商品

近年では、パッケージの工夫により券売機や自動販売機が販売可能な商品が広がりを見せています。従来では、飲料の販売に使われることがほとんどでしたが、お菓子の販売が出来る機種が出てきたり、パッケージをボトル上にすることでTシャツを販売したりする事例も出てきており、券売機や自動販売機の活用可能性が広がりを見せています。

Point3

券売機・自動販売機の機能・拡張性

IoT(Internet of Things)、つまりセンサーやデバイスといった「モノ」がインターネットを通じてクラウドやサーバーに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みの普及により、券売機・自動販売機も「スマート化」が進んでいます。今やWi-Fiの提供や顔認識ができる券売機・自動販売機も登場してきています。

Next white

券売機・自動販売機の
資料を

無料で一括ダウンロード