インバウンド向け研修旅行手配

日本に研修旅行にくる訪日外国人に向けて、ツアーを組んでくれる会社が掲載されています。自社のニーズにあった企業を選びましょう。

同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

近年では外国人観光客によるインバウンド市場の高まりだけではなく、ビジネス目的の訪日外国人のインバウンド市場も大きなものになってきています。従来から、外国人の取引先を招待した際のホテルなどの手配や、海外支社の自社社員を日本に呼んでの研修旅行の手配など、ビジネス系インバウンド旅行手配のニーズがありましたが、インバウンド市場の盛り上がりとともに、これらのインバウンド向け研修旅行手配のニーズも高まってきています。

同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1インバウンド向け研修旅行手配業者の対応国

    国内の旅行代理店の中には、アウトバウンド(日本人の海外旅行)向け海外支店を持っていることから、インバウンド向け研修旅行手配をスタートしているケースも見られます。その旅行代理店がどの国に強みがあるのか、その旅行代理店がどの国に支店を持っているのか、また、その国は自身が迎える外国人ゲストの国籍とマッチしているかどうかを把握しましょう。

  • ポイント2インバウンド向け研修旅行手配業者の主力商品

    インバウンド向け研修旅行手配業者によって、その主力旅行商品は様々です。MICE系向けとしてエグゼクティブ向けホテルや交通手段を得意とするインバウンド向け研修旅行手配業者もあれば、自社の海外社員向けのチームビルディング研修旅行を得意とするインバウンド向け研修旅行手配業者もあります。自身が依頼したい内容と、インバウンド向け研修旅行手配業者の得意領域がマッチするかを確認しておくと良いでしょう。

  • ポイント3インバウンド向け研修旅行手配の実績

    日本でインバウンド市場が注目され始めたのは2014年ごろからです。その為インバウンドビジネスの歴史は浅く、各インバウンド向け研修旅行手配業者の実績もまばらだと言えます。その為、そのインバウンド向け研修旅行手配業者が他社に先行してインバウンド向けの旅行手配に取り組んでいたかどうか、また現時点での実績はどうなのかが比較・判断ポイントとして活用できます。

同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
8件
同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。