訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

クレジットカード決済

訪日外国人は日常的にクレジットカード決済を利用します。アメックス、ダイナーズなどのほか、銀聯など訪日外国人にあわせた決済手段で訪日外国人の決済(支払い)での利便性をアップさせましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

クレジットカード決済の資料を

無料でダウンロード

クレジットカード決済の概要

クレジットカード決済システムや端末においては、クレジットカード決済だけに対応するのではなく、複数の決済手段がオールインワンになっているものも増えています。1台でクレジットカード、デビットカードや銀聯カード、非接触ICカードに対応出来るタイプが一般的になってきています。こうしたクレジットカード決済システム・端末の導入の際には、対応可能なカードブランドの種類だけでなく、セキュリティは問題ないか、システムの安定感などが選定のポイントになってくるでしょう。日本は世界的に見れば、クレジットカードや電子決済においては後進国とも言え、訪日外国人の利便性のためにも、これらの決済システムの導入が急速に進みつつあります。このクレジットカードなどの決済に関するインバウンド対応に出遅れると大きな損失になりかねません。

クレジットカード決済のイメージ

2773ad8a361a7a9465ab4ce471a71a619027552b

クレジットカード決済を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

対応可能なクレジットカードブランドの種類

クレジットカード決済対応をするには、クレジットカード決済システム・端末の導入が必要になります。クレジットカード決済システムや端末によって、対応可能なクレジットカードブランド(VISA、Master Card、American Expressなど)が異なり、これらの導入しようとするクレジットカード決済システム・端末が、自身のターゲットとする国で一般的に使用されているクレジットカードを使用できるかどうかを確認しておきましょう。

Point2

決済システムは安定しているか

クレジットカード決済端末、決済代行サービスのシステムサーバが、どの程度安定して稼働するかは極めて重要です。導入使用としているクレジットカード決済端末企業の昨年実績の稼働率などは必ず確認しましょう。クレジットカード決済端末、決済代行サービスのシステムサーバの稼働率という数字が良く出てきますが、一般的に稼働率が高いほどトラブル回避につながります。こうしたトラブルの少ないクレジットカード決済端末、決済代行サービスのシステムサーバと契約をすることが必要です。

Point3

決済システム・端末の利用料や手数料

クレジットカードカード決済端末やシステムを導入するには、決済システムの導入費や月々の運用費、決済端末のリース費または端末購入費、さらには決済手数料など様々な費用がかかります。それらをトータルにカバーする「決済代行」という形でサービスを提供している場合もあります。既に導入しているPOSシステムとの連携が出来るのか、乗り換えが必要なのかも踏まえ、トータルにかかるコストを事前に把握しておくと良いでしょう。

クレジットカード決済の一覧

Next white

クレジットカード決済の
資料を

無料で一括ダウンロード