民泊用インテリアコーディネート

民泊物件の大きな差別化ポイントはインテリアです。周辺の競合物件とは異なるオシャレなインテリアにすることで集客を強化しましょう。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

現在の民泊運用では、民泊用にマンションなどの物件を用意して始めるケースがほとんどです。その場合、初期投資が最もかさむのは、実は家具の準備です。民泊物件に設置する家具やインテリア、家電のクオリティーはゲストの満足度に直結するため、ある程度の品質のものを取り揃えることが重要になり、費用がかさみがち。そこで活用したいのが民泊用インテリアコーディネートです。最近では民泊専門をうたうインテリアコーディネート業者も増加してきており、このような民泊用インテリアコーディネート業者は訪日外国人を意識したインテリアのセットアップや契約期間の柔軟性、レンタル金額の安さなど、民泊ホストのニーズを汲んだサービスを提供してくれます。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1民泊用インテリアコーディネート業者の対応エリア

    大きくて重い家具という商材を扱うため、民泊用インテリアコーディネート業者の対応エリアが決まっているケースが数多く有ります。そのため、自身が民泊を運用している、ないし運用を検討しているエリアに対応しているかどうかを、まずはチェックしましょう。

  • ポイント2民泊用インテリアコーディネートの契約期間

    民泊用インテリアコーディネート業者から家具のレンタルサービスを受ける場合は、業者によって、契約期間はまちまちです。短期契約に対応している業者や、1〜2年契約となる業者があります。民泊ビジネスの特性上、収益が立たなくなりそうであれば撤退も考えられるので、契約期間と、万が一解約した際の違約金も把握しておきましょう。

  • ポイント3インテリアコーディネート業者の手配する家具の見栄え

    通常の家具レンタル業者の場合は、短期で賃貸する人向けにサービスを提供しています。そのため、レンタルする家具が実用的なものばかりで、見栄えがしないことも。民泊サイトに掲載する写真の見栄えが重要な民泊運用においては、見栄えのする家具をレンタルしたいというニーズを汲み取った民泊専門のインテリアコーディネート業者を活用するのがベターと言えます。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
7件
同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。