免税システム

小売店のインバウンド対策の基本となる免税店。免税店になったあとの手続きを簡単にしてくれるのが免税システムです。自社のニーズにあった免税システムを選びましょう。

同じカテゴリのソリューション2件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

訪日中国人観光客の「爆買い」で一躍有名となった「免税」。現在では街のいたるところでこの「免税」の文字を見かけるようになりました。しかしながら、インバウンドにおける免税店、つまり消費税免税店になるには申請が必要なほか、免税店になった後も、訪日外国人顧客の購入毎に免税手続きが必要になります。特に大変になりがちなのが免税申請書類作成業務で、オペレーションにおいて課題となります。その課題を解決するのが免税システムです。免税申請書類作成業務を自動化することで、工数を削減し、記入漏れなどのミスを防ぎ業務の効率化を図ることができます。

同じカテゴリのソリューション2件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1どのような免税システムなのか

    免税書類の作成には、購入した訪日外国人顧客のパスポートの情報が必要です。また、免税書類の作成も手作業では非常に手間となります。そのため、パスポートの読み取りや、免税書類作成の自動化が免税システムの肝となります。免税システムのほとんどは導入に専用の端末が必要ですが、従来のPOSレジと連携して使用できるものなども存在します。現在使用している決済システムとの兼ね合いで、どれだけ導入にコストがかかりそうかを把握しておくようにしましょう。

  • ポイント2免税システムのコスト

    免税システムの利用料金は、おおよその場合、端末本体のリース価格、システムの月額の基本利用料金、周辺機器レンタル費、売上に対する◯%といった利用利率になどによって料金体系が構成されています。導入する際は、導入による人員コストの削減分とこれらの免税システム利用にかかるコストを事前にシミュレートしておくと良いでしょう。

  • ポイント3免税システムで売上分析出来るか

    免税システムによっては、免税売上に関して売上レポート・分析機能が提供されている場合があります。これによって、国籍や時期によって、インバウンドに人気な商品を把握することができ、より効率的にインバウンド消費を掴むことが出来るようになります。こうしたログデータが利用出来れば、売れ筋商品の品切れなども防ぐ事も副次的な効果として期待出来ます。

同じカテゴリのソリューション2件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
2件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。