DAM(デジタルアセットマネジメント)

デジタルアセット管理システムとは、テキスト・画像・動画・音声などのデジタルデータをプラットフォームなどの利用により、一元管理するシステムのことです。クラウド型サービスにより、場所を選ばずオンライン上で共有が可能です。これまでメールへの添付やオンラインストレージなどで共有していたデータを、デジタルアセット管理システム上で共有できるようになることで、データに関わる業務の効率化が期待できます。

同じカテゴリのソリューション1件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

デジタルアセットマネジメントシステムに集約されたデータへは、アクセス権限のさえあればどこからでもアクセスが可能です。SNSの普及や、ネットを利用したマーケティングが主流となっている今、コンテンツの配信に関連するデータの量も増え続けています。DAM(デジタルアセットマネジメントシステム)にデータを集約することで、こうしたデータ管理や共有の手間を省きます。また、著作権のあるデジタルデータ(キャラクター・人物画像など)を適切に管理することも重要です。DAMは、データに使用許諾情報をつけることで、コンテンツの著作権や使用期限も管理することが可能です。

同じカテゴリのソリューション1件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1サポート体制

    安心して利用する為にも、システム導入後のサポート体制も比較検討の重要なポイントとなります。運用操作がわからない時やバージョンアップ対応など、どのようなサポートが用意されているかを導入前に確認しておきましょう。

  • ポイント2操作のわかりやすさ

    デジタルアセットマネジメントシステムは、社内に限らず外部の業者や取引先など、多種多様な関係者が関わることが予想されます。だからこそ、関係者全員が問題なく利用できるかUIをチェックしましょう。システムに慣れない方が利用する場合もある為、システムの操作性が複雑すぎるサービスは避けた方がよいでしょう。

  • ポイント3運用フローの確認

    比較検討の際には、システムの運用フローや寺社に必要な機能が備わっているかも確認しましょう。DAMに合わせて、自社のデータ制作フローを変更することも一つの方法ですが、導入後スムーズに運用する為にも、システムの運用フローと制作フローのマッチングをチェックしておくことが大切です。

同じカテゴリのソリューション1件
※資料閲覧出来るソリューション 1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
1件
閉じる
DAM(デジタルアセットマネジメント)カテゴリの資料1件を、まとめてご覧いただけます。
※資料閲覧出来るソリューション 1件
DAMを使ったインバウンド向けプロモーション施策
ほか1件
他のソリューションと比較検討されたい方は、まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。