チャネルマネージャー

複数の予約サイトの情報を一元管理できるチャネルマネージャーの導入は宿泊施設では必須の対策です。海外ホテル予約サイトと連携したチャネルマネージャーを導入して運用を効率化させましょう。

同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

OTAなどの国内外のホテル予約サイトと併用して準備したいのが、チャネルマネージャーです。チャネルマネージャー(サイトマネージャーやサイトコントローラーとも)とは、一元的に複数のサイトの部屋出しや料金設定をしてくれるツールです。チャネルマネージャーを導入することによって、煩雑になりがちな予約管理を効率化・ダブルブッキングなどのトラブル回避をすることができます。インバウンド対応で国内のOTAなどの予約サイトだけでなく、海外OTAなども管理する必要があることからニーズが高まってきています。

同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1チャネルマネージャーの連携先

    インバウンド対応も加味してチャネルマネージャーを導入する場合は、その提携先をチェックしましょう。国内チャネルマネージャーの場合、国内予約サイトとの提携は豊富なものの、海外OTAとの連携がない場合もあるためです。しかしながら、近年では大手海外OTAが日本語対応し始めたことにより、国内チャネルマネージャーでも海外OTA対応し始めています。

  • ポイント2チャネルマネージャーの機能

    チャネルマネージャーの基本機能は「在庫・料金管理」「料金ランク設定」「予約管理」「データ分析」の4点です。これらの基本機能の他、販売チャネルの自動調整や予約アラートなどの多機能を有するチャネルマネージャーもあるので、現状のホテル予約管理業務の課題を解決するものを選ぶと良いでしょう。

  • ポイント3チャネルマネージャーの費用

    おおよその傾向としてチャネルマネージャーの提携先や機能が豊富になればなるほど、使用料金(コスト)が高くなります。ポイント2で解説したとおり、自身のホテル予約管理業務の課題部分とコストが見合うようにチャネルマネージャーを比較検討するようにしましょう。

同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
8件
同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
同じカテゴリのソリューション8件
※資料閲覧出来るソリューション 0件