訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

多言語アプリ開発

訪日外国人に向けたアプリを作るのはインバウンド対策として効果があります。多言語でアプリ制作をしてくれる会社にまずは相談してみましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

多言語アプリ開発の資料を

無料でダウンロード

多言語アプリ開発の概要

インバウンド対応をするにあたり、アプリに関しても多言語に対応している事が求められています。せっかく素晴らしいアプリ、コンテンツなのに多言語対応していないがために顧客を逃したのでは意味がありません。こうした多言語アプリ開発については、どのような言語に対応しているのか?翻訳自体は自社でやるのか、翻訳も含めて依頼するのか?依頼しようとしている企業の過去の事例、豊富な成功事例があるのか?といったところが選定のポイントになってきます。

多言語アプリ開発のイメージ

B71dfdce4188e3f41dfbd121b1e4456e0910dfaf

多言語アプリ開発を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

対応言語の数はどうか

まずは多言語アプリ開発を考える前に、どの国においてニーズが強いのかを知る必要があります。どのような国や言語のユーザーが多いのかについてはアンケート、Googleアナリティクス、GeoIPを利用したアクセス解析などによりどの国からのアクセスが多いかを割り出すことができます。その上で多言語アプリ開発を得意とする企業を対応可能な言語数で選ぶ必要があります。

Point2

翻訳をどうするのか

多言語アプリ開発の翻訳については自社で全て行うのか?それとも外注するのかという判断が必要になってきます。多言語アプリ開発の動きの部分のみを外注し、翻訳を自社で行うには、対象となる言語のネイティブスピーカー、もしくは相応の実力者が必要になりますが、コストを抑える事が出来ます。また、多言語アプリ開発を翻訳ごと外注する場合、コストはかかるものの、安心して依頼することが出来、これらの様々な面から、ニーズに合った外注先を選ぶと良いでしょう。

Point3

多言語アプリ開発の実績

多言語アプリ開発に必要なことは、とにかくわかりやすく制作すること、言語の切り替えがしやすいなどといったことです。使いやすさの概念は国毎に異なるため、「こうすれば使いやすいだろう」という価値観は捨て、言語ごとに国民性の違い、ユーザー行動の違いなどを把握している多言語アプリ開発企業を探す事が必要です。また多言語アプリ開発といってもジャンルごとに作りは異なりますので、そうした得手不得手も把握した上で多言語アプリ開発企業を選ぶ事が必要です。

多言語アプリ開発の一覧

Next white

多言語アプリ開発の
資料を

無料で一括ダウンロード