総合旅行代理店

訪日外国人観光客の来日マーケットは、インターネットの普及による情報収集の多様化や、ツアーから個人旅行へのスタイルの変化など大きく変化をとげつつあります。国内旅行代理店においてもツアー客の誘客のみにとどまらず、FIT(個人旅行客)の集客を促すサービスも増えてきました。従来の旅行代理店以外の業態が旅行代理店業をしているケースも増加しております。訪日外国人観光客のニーズも多様化しており、目的地となるのは必ずしも都市部や有名なスポットに限定されないようになってきています。訪日外国人集客の手段を検討するにあたって、旅行代理店に相談することは非常に効果的です。自社のニーズにあった旅行代理店をぜひ探してみてください。

同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

近年ではインバウンド需要の高まりによって、大手を中心として国内旅行代理店でもインバウンド旅行商品を扱うようになりました。旅行代理店の強みはツアー客の誘客にあると言えます。現状ではインバウンドの旅行トレンドは、国内のそれよりも掴みづらいことから、FIT客向けの点対応だけでなく、ツアー客という面対応がとれる旅行代理店との協業はインバウンド集客において魅力的です。従来の旅行代理店以外の業態が旅行代理店業をしているケースも多くなってきており、インバウンドによって多様化が進んでいます。

同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1旅行代理店がどの国に強みを持っているのか

    国内の旅行代理店がアウトバウンド(日本人の海外旅行)向け海外支店を持っていることから、総合旅行代理店の中にはインバウンド向けの旅行商品開発をスタートしているケースも見られます。その総合旅行代理店がどの国に強みがあるのか、その総合旅行代理店がどの国に支店を持っているのか、また、その国は自身がターゲットとする国なのかどうかを把握しましょう。

  • ポイント2旅行ツアーの主要商品のルートがどの地域なのか

    総合旅行代理店によって訪日ツアーの主力商品のルートは様々です。総合旅行代理店と提携する目的はインバウンドの誘客となりますので、その総合旅行代理店が主力商品としているツアールートと、自身のビジネスの親和性を考えておくことで、総合旅行代理店との理想的な提携が実現できると言えるでしょう。こうした点も総合旅行代理店を選ぶ上で重要なポイントです。

  • ポイント3旅行代理店のインバウンドの実績

    日本でインバウンド市場が注目され始めたのは2014年ごろからです。その為インバウンドビジネスの歴史は浅く、各総合旅行代理店のインバウンドでの実績もまばらだと言えます。その為、その総合旅行代理店が他社に先行してインバウンドビジネスに取り組んでいたかどうか、また現時点での総合旅行代理店としての実績はどうなのかが比較・判断ポイントとして活用できます。

同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
4件
同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。