訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

民泊物件紹介不動産会社

民泊はトラブルが多いため、一般の物件では民泊ができないケースが増えてきています。民泊新法の施行にも備えて、民泊専門の物件を紹介してくれる不動産会社にまずは相談してみましょう。

迷ったら各社を比較!

民泊物件紹介不動産会社の資料を

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

民泊物件紹介不動産会社の資料を

無料でダウンロード

民泊物件紹介不動産会社の概要

民泊を始めるにあたって必ず必要となるのが民泊可能物件です。民泊ではマンションを民泊用として賃貸して民泊として貸し出すことが一般的ですが、通常の賃貸契約では転貸(物件の借り主が他の人に貸し出すこと)が禁止されているケースがほとんどです。そこで民泊物件紹介サービスでは、物件のオーナーから民泊・転貸の許可を得ている物件だけを情報提供・紹介しています。ただし、民泊物件紹介サービスに載っている物件の中には、オーナーから民泊・転貸の許可を得ているだけで、民泊に必要な条件(民泊特区制度、旅館業法、民泊新法)を満たしていない物件もあり、それらのチェックも重要になります。

民泊物件紹介不動産会社のイメージ

84d89a4c1717be3e4cd4fcbca53eb7d6711c6bd6

民泊物件紹介不動産会社を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

民泊可能物件の掲載数

民泊物件紹介業者を比較する上で、何よりも大切なのが民泊可能物件の掲載数です。その民泊物件紹介業者が扱う物件の数が多ければ多いほど、選択肢が広まります。民泊物件紹介業者によって市場には出回っていない独自の物件を持っているケースもあるので、それらも比較して民泊物件紹介業者を比較し検討していくと良いでしょう。

Point2

民泊物件紹介の対応エリア

民泊物件紹介業者を選ぶ上で掲載数にならんで重要なのが、民泊物件紹介の対応エリアです。民泊ビジネスが盛り上がる東京・大阪エリアでの民泊運用を始めるケースだけでなく、自身が住んでいる地域の近くで民泊を始めたいというニーズもあります。該当の民泊物件紹介業者が、自身が民泊運用を初めようとするエリアの民泊物件に強いかどうかも民泊物件紹介業者選定の比較ポイントになります。

Point3

民泊運用代行サービスなどを提供しているか

民泊運用代行サービス業者が民泊物件紹介を行うケースが近年は増えてきています。サービスによっては、このような民泊物件紹介サービスを利用した場合、運用代行料金が割引になるケースがありますので、このようなサービスがあるかどうかも民泊物件紹介業者を選定する上でチェックが必要になってくるでしょう。

Next white

民泊物件紹介不動産会社の
資料を

無料で一括ダウンロード