訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

写真撮影

お店をキレイに撮影するにはやはり専門のカメラマンに依頼するのが一番です。店舗をキレイに彩った写真を使ってお店のPRに活かしていきましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

写真撮影の資料を

無料でダウンロード

写真撮影の概要

「コト消費」傾向が強くなった今のインバウンドにおいて、写真コンテンツは非常に重要になりつつあります。何故ならば、訪日外国人は事前(旅マエ)の情報収集で、「そこで何ができるのか・体験できるのか」を重視するようになり、それを事前に確認できる写真コンテンツは訪日外国人にとって参考になるためです。海外の有名観光地のなかではInstagramなどのSNSやWEBサイトに、プロが撮影した美しい観光地の写真を、季節ごと、イベントごと、名所ごとにアップするなどして集客を図っているところも少なくありません。こうしたインバウンド目線での写真撮影を依頼する場合は、構図など含め、どのような写真コンテンツがインバウンド集客に役立つのかを理解している業者に頼むのが良いでしょう。

写真撮影のイメージ

770cff79560b268919e54be118e09c3db4cd2997

写真撮影を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

実績があるか

インバウンド対策に使用する写真撮影は通常の写真撮影と異なり、どのような風景が世界的にバズっているか、どういった写真が世界的に高評価を得ているかといった周辺知識が必須です。そのため、そうした知識があるのか、インバウンド関連の実績があるのかどうかといった点が写真撮影をしてくれる企業、プロ写真家を選ぶ上で重要になってきます。

Point2

納期はどの程度か

写真撮影に関しては屋内と屋外で行う場合がありますが、屋内はともかく、屋外の写真撮影の場合は天候や光の具合なども計算して写真撮影を行う必要があります。そういった点を考えていくと依頼内容に対して迅速に対応してくれる写真撮影サービスかどうかという点が重要になってきます。昨今はインバウンド関連の動きは非常に速くなっていますので、迅速な対応が出来るというのも大きな選択のポイントです。

Point3

具体的なイメージを持つ

写真撮影に関して非常に重要なのが完成形のイメージをしっかりと持っているということです。これはWebサイト構築等でも言えることですが、プロを呼んで「おまかせ」だけで良い形になることはほとんどありません。競合、海外の事例などの知識を身に着けた上で、自分としてはどうしたいかを明確にイメージしておくことが重要です。このような最終的な完成形のイメージがあれば、写真撮影をする際にも「もっとこういう感じ」といった指示が出しやすくなりますし、写真撮影をする側にとっても作業がしやすくなります。

Next white

写真撮影の
資料を

無料で一括ダウンロード