訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

民泊予約サイト

Airbnbを始め、民泊物件を探して予約できるサイトは数多くあります。運用している民泊物件のキャラクターや、ターゲットとする訪日外国人の国籍にあった民泊予約サイトを使って効果的に集客しましょう。

迷ったら各社を比較!

民泊予約サイトの資料を

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

民泊予約サイトの資料を

無料でダウンロード

民泊予約サイトの概要

民泊予約サイトであるAirbnbが2008年に生まれて以来、2015年11月時点で全世界191カ国、3万4000都市に200万物件を誇る民泊サービスを提供しています。日本では「民泊」として知名度のある「インターネット上で、ホスト(貸し手)とゲスト(借り手)の間の賃貸」ですが、海外では「バケーションレンタル」として名が知れています。このようなバケーションレンタルないし民泊のプラットフォームとなる民泊予約サイトは世界各国で展開されており、現在では日本国内発の民泊予約サイトも誕生しています。また、従来OTA(オンライントラベルエージェンシー)としてホテルの予約プラットフォームだったサービスが続々と民泊予約サイトに参入しつつあります。

民泊予約サイトのイメージ

96e8d8acfa32b00e750b475b1d84198eadab173a

民泊予約サイトを選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

サービスを展開している国

民泊予約サイトを選ぶ際には、その民泊予約サイトの展開している国をまずはチェックしましょう。どの国の物件が多く掲載されているかのほか、どの国のユーザーがよく使っているかを把握することで、その民泊予約サイトに掲載した場合、どの国のユーザーにアプローチできるかがわかります。

Point2

民泊予約サイトに掲載されている物件数・特徴

民泊予約サイトに掲載されている物件数は、そのまま「その民泊予約サイトがどれだけ人気があるのか≒どれだけ予約を獲得できるか」に直結する指標だと言えます。また、その掲載されている物件を参照することで、その民泊予約サイトの特徴が把握できます。特に海外系民泊予約サイトの場合、「長期滞在型のリゾート系」「短期・安い・都市型」などの特徴を持っていることが多いためです。

Point3

利用ユーザ数(ゲスト数)

民泊予約サイトのユーザー数(ゲスト数)は、どの民泊予約サイトに物件を登録するべきかを比較・検討するうえで重要な指標になります。単純にユーザー数(ゲスト数)が多ければ多いほど、登録した民泊物件が旅行者の目に触れる機会が増えます。各民泊予約サイト運営会社が公表している資料などで、それぞれの民泊予約サイトのユーザー数(ゲスト数)などを把握すると良いでしょう。

民泊予約サイトの一覧

Next white

民泊予約サイトの
資料を

無料で一括ダウンロード