民泊向け屋内向けWi-Fi

現在、ほとんどの民泊物件がゲストの利便性を上げるためにWi-Fiが導入されています。民泊物件の基本となるお部屋向けのWi-Fiを選びましょう。

同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

概要文

Airbnbなどでの民泊運用で成功するために鍵を握るのはアメニティの充実ですが、その中でも特に重要といえるのがWi-Fi環境です。民泊において対応する主なゲストは訪日外国人観光客である民泊においては、ゲストが民泊室内で据え置き型のWi-Fiで快適なインターネット接続が出来ることは、満足度の向上に大きな影響を与えます。モバイル型の民泊向けWi-Fiもありますが、地域や機種によっては室内での通信環境が良くなく、快適なWi-Fiインターネット環境が提供できないことも。とすれば、やはり民泊の室内にインターネット回線を引いた上での据え置き型のWi-Fiルータを用意することも必要になってきます。

同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1Wi-Fiに使う回線とプロバイダ選び:料金体系のチェック

    民泊施設の室内にWi-Fi環境を引くにはインターネット回線を契約する必要があります。その際、回線そのものを提供する回線業者と、回線へのアクセスを提供するプロバイダがあり、それぞれを選択する必要があります。これらはセットで契約するケースが多く、オプションで据え置き型のWi-Fiルーターや、モバイル型のWi-Fiをお得に契約できる場合があります。それぞれの料金プランを比較しましょう。

  • ポイント2Wi-Fi環境を作る民泊の部屋が戸建てorマンションか

    民泊の部屋に据え置き型のWi-Fi環境を作るには、まずインターネット回線を通す必要があります。その場合、マンションの場合は事前に建物に回線が引いてあることが多く、民泊に使う部屋まで回線を引くだけで済みます。しかし、戸建ての場合は、その家まで専用の回線を別途引く必要があり、割高になりがち。そのため、戸建てで据え置き型のWi-Fi環境を構築する際は、回線工事料が別途かかるのかなどをチェックしましょう。

  • ポイント3Wi-Fiに使う回線の解約料もチェック

    他2つのポイントで解説したとおり、民泊施設の室内に据え置き型のWi-Fiを設置するにはインターネット回線の契約が必要です。特に戸建ての場合は注意が必要で、民泊施設にWi-Fi環境を作ったは良いものの、万が一撤退する事になった際には回線撤去工事が必要となり思わぬ出費になることも。これらの撤去料金や、解約に関する違約金などもチェックしましょう。

同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
4件
同じカテゴリのソリューション4件
※資料閲覧出来るソリューション 0件
貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。